F1 RACING最新号のご案内

最新号

詳細 購入


2011年10月情報号

ミハエル・シューマッハー F1デビュー20周年記念特集号

* 質問があるなら直に訊け:ミカ・ハッキネン
* ジェンソン・バトンのCM撮影現場に潜入
* ミハエル・シューマッハー F1デビュー20周年記念インタビュー
* ジョーダン191:すべてはここから始まった
* RESPECT ── ライバルの視点
* ミハエル・シューマッハー記録集
* ロス・ブラウンが語る、ミハエルの過去・現在・未来
* フェラーリF1-2000:絶対王政の始まり
* ベルトラン・ガショー「ミハエルにチャンスを与えた男」
* 世界一のミハエルマニア
* ピットクルー1日体験入隊記
* ジャン・アレジ ロングインタビュー

《連載》
* Technology Masterclass:現代F1マシンのサイドポッド
* マーレイ・ウォーカー コラム:F1生中継が来季から有料に!? これも時代の流れか……
* フランク・ウィリアムズ コラム:夏休みが大嫌いなフランク卿。その理由とは?
* アラン・ヘンリー コラム:メキシコGPの復活を切に願う

 2011年10月情報号

2011年10月情報号

発売日:2011年09月07日

定価:980円

購入

立ち読み



今月号のおススメ

ミカ・ハッキネンに訊け

ライコネンのF1復帰の可能性
自分を脅威と認めた瞬間のアイルトン・セナの反応
ジェームズ・ハントとの間に育まれた心温まる友情など
悠々自適の人生を謳歌するハッキネンが
読者の質問に答える

ミカ・ハッキネンに訊け

ジェンソン・バトンのCM撮影現場に潜入

ロンドンのど真ん中に突如現れたF1マシンに
颯爽と乗り込む“名優”バトン──
スポンサーのPR活動として
ジェンソンが主役を務めたヒルトンホテルの短編CM
その収録現場を覗いてみよう

ジェンソン・バトンのCM撮影現場に潜入

ミハエル・シューマッハー

F1デビュー20周年アニバーサリーインタビュー
激動のレース人生を
ミハエル本人が驚くべき率直さで振り返ってくれた
モータースポーツの最高峰F1を舞台に20年間を戦い抜き
齢42歳を迎えた今も挑戦を続ける不屈の魂に肉薄する

ミハエル・シューマッハー

RESPECT ── ライバルの視点

シューマッハーとの戦いが
彼らの価値を決定づけた──
ハッキネン、ビルヌーブ、モントーヤら
覇権を争ったライバルたちが
当時の、そして現在のミハエルに寄せる
共通する想いとは

RESPECT ── ライバルの視点

ロス・ブラウン インタビュー

シューマッハーのF1キャリア20年
そのほぼすべてにおいて
晴れの日も雨の日も共闘態勢で
走り抜けてきた戦友ブラウンが語る
「ミハエルの過去・現在・未来」

ロス・ブラウン インタビュー

ベルトラン・ガショー

「投獄されてシューマッハーにF1デビューのチャンスを与えた男
きっとそんな風に記憶されているのだろうが
人にどう思われようと私は気にしない」
1991年に起きた“事件”と収監の経緯を
ガショー本人が赤裸々に語る

ベルトラン・ガショー

ピットクルー1日体験入隊記

本誌編集部員が、ヴァージンのピットクルーとして1日職場体験
無名のヒーローたちの仕事ぶりを
実際の作業を通じて正確にレポートするためだったが
その出だしからいきなり暗雲が立ちこめた……

ピットクルー1日体験入隊記

ジャン・アレジ

F1を引退して10年のアレジが
恩人エディ・ジョーダンやケン・ティレルとの思い出
最初で最後の勝利の記憶
そしてベルガーやバレストルにまつわる抱腹絶倒のエピソードなど
昔語りに花を咲かせた

ジャン・アレジ

おすすめ関連情報

THE HERO AYRTON SENNA〜時代を駆け抜けた英雄の光跡

THE HERO AYRTON SENNA〜時代を駆け抜けた英雄の光跡

ボクらの知らなかったアイルトンがここにいる──

2012年2月情報号

2012年2月情報号

特集 ジル・ビルヌーブ

2012年1月情報号

2012年1月情報号

ジェンソン・バトン インタビュー

2011年12月情報号

2011年12月情報号

キミ・ライコネン独占インタビュー

2011年11月情報号

2011年11月情報号

プロスト&ウェーバーのビッグチャレンジ



F1レーシング日本版およびウェブサイトは、英国Haymarket Media Group社が著作権を持つF1 RACING誌からの引用記事を含みます。F1 RACINGは同社の商標であり、日本版およびウェブサイトはそのライセンスのもとで制作されています。
F1 Racing is published by i-dea Co., Ltd. under licence from Haymarket Media Group Ltd.
F1, FORMULA 1 and FORMULA ONE are trade marks of Formula One Licensing BV. Used under licence from Formula One Administration Ltd. All rights reserved.

当サイトに掲載されている文章、写真を含むコンテンツの許可なき複製・使用を禁じます。
Reproduction in whole or in part of any photograph, text or illustration without written permission from the publisher is prohibited.

ページの先頭へ