最新ニュース

可夢偉、ライコネンやヒュルケンベルグを破りルーキー賞

2010.12.06

photo

©BMW Sauber

フォトギャラリー


 英AUTOSPORTが毎年選ぶAUTOSPORTアワードの2010年の各賞が発表され、ルーキー・オブ・ザ・イヤーに小林可夢偉が選ばれた。

 英AUTOSPORTおよびautosport.comの読者の投票によって、さまざまなカテゴリーにおいて活躍したルーキーの中から選ばれるルーキー・オブ・ザ・イヤーに、F1のビタリー・ペトロフとニコ・ヒュルケンベルグ、WRCのキミ・ライコネンらをやぶり、可夢偉が選出された。

 可夢偉は2009年終盤にトヨタからF1にデビュー、今年BMWザウバーからF1フル参戦を果たした。今季は8回入賞して32ポイントを獲得、ランキング12位となった。可夢偉はアグレッシブなオーバーテイクで注目を集め、ヨーロッパGPのレース終盤に新しいソフトタイヤに換えてフェラーリのフェルナンド・アロンソを抜いたシーン、鈴鹿でのオーバーテイクショーなどに賞賛が集まった。

「オーバーテイクのチャンスというのは常にあるものです」と可夢偉は5日に行われた授賞式でコメントした。
「僕にとっては全く当たり前のことなんです。レースはエキサイティングでなきゃならない。オーバーテイクをすれば、より一層エキサイティングになります。オーバーテイクは簡単ではないですけどね。実際F1マシンではとても難しいです」

 今年一番のオーバーテイクはと聞かれた可夢偉は、「バレンシアでアロンソを抜いたのはとてもよかったですね」と答えている。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ