最新ニュース

可夢偉、フェラーリと正式契約。今季はWEC参戦

2013.03.12

 スクーデリア・フェラーリは11日、2012年までザウバーからF1に参戦していた小林可夢偉と契約を結んだと明らかにし、今季はAFコルセからWEC世界耐久選手権に参戦すると発表した。

 2009年にトヨタからF1デビュー、2010年にはザウバーに移籍し、昨年まで唯一の日本人F1ドライバーとして日本グランプリでの3位表彰台など活躍を続けてきた可夢偉。しかし、12年シーズン終了後ザウバーのシートを失い、ロータスやフォース・インディアなどの候補に挙がりながらも、これまで13年シーズンの活動は決まっていなかった。

 そんな中、F1開幕戦オーストラリアGPを前にした11日、フェラーリはプレスリリースを発行。可夢偉がアジア人ドライバーとして初めてスクーデリア・フェラーリの一員に加わると明らかにした。

 ただ、可夢偉の今季の活動については、AFコルセからWEC世界耐久選手権に参戦するとし、4月14日に開催されるWEC開幕戦シルバーストン6時間が可夢偉の最初のレースになるとした。

「今日、自分の新しい役割について発表することができて嬉しく思います」とフェラーリを通じてコメントを発表した可夢偉。


「フェラーリ・ファミリーの一員となることをすごく名誉に感じていますし、GTカーを使った耐久レースに参戦することは初めてのことなので、今からAFコルセと仕事をすることが待ちきれません。そして、チームメイトとともにタイトルを目指します」

「ハードに働いて、自分の新しいキャリアにすべてを捧げるつもりです。僕のすべてのファンにもサポートを期待しています」

「この機会を与えてくれたフェラーリに感謝していますし、最後に、この新しいチャレンジをちょうど2年前のこの日、東日本大震災に見舞われた日本の皆さんに捧げたいと思います」

 新たに可夢偉が所属するAFコルセは、フェラーリのセミワークス的チームで、WECのほかFIA-GTなどGTカーレースで幅広く活躍するチーム。昨年はル・マン24時間でもジャンカルロ・フィジケラ/ジャンマリア・ブルーニ/トニ・バイランダー組がクラス優勝を飾ったほか、WECタイトルも獲得している。

 なお、今回の発表の中でF1については触れられていない。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ