最新ニュース

コースマーシャル亡くなる。マシン撤去中の不運

2013.06.10

 カナダGPのマーシャルがコース作業中の事故で亡くなっていたことが明らかになった。

 FIAのレポートによれば、亡くなったマーシャルは、10日に行われた決勝レースでクラッシュを喫したエステバン・グティエレス(ザウバー)のマシンを撤去する作業を手伝っていたとされている。

 事故は、そのグティエレスのマシンをクレーン車で撤去している最中に起きた。この時、落ちた無線を拾おうとしたマーシャルが転んでしまい、そこで運悪くクレーン車の車輪に巻き込まれてしまった。
 クレーン車を運転していたドライバーからは、マーシャルの存在が確認できていなかったいう。

 重傷を負ったマーシャルは、すぐにサーキットのメディカルセンターに運ばれた後、ヘリコプターでモントリオールのサクレ-クール病院へ直ちに搬送された。
 しかし、懸命の処置にも関わらず、マーシャルはこの日の夜に亡くなったことが確認されている。

 F1のマーシャルが亡くなったのは、2000年以降、今回が3回目となる。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ