最新ニュース

ベッテルが3年連続のPP。アロンソは苦しい位置

2013.10.26

photo

©Red Bull

フォトギャラリー


photo

©LAT

フォトギャラリー


photo

©Sutton

フォトギャラリー


photo

©Sutton

フォトギャラリー


photo

©LAT

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 2013年F1第16戦インドGPは26日、ブッダ・インターナショナル・サーキットで公式予選が行われ、レッドブルのセバスチャン・ベッテルが今季7回目、通算43回目のポールポジションを獲得した。

 現地時間14時から行われた公式予選は、ファーストラウンドのQ1で好調ロメイン・グロージャンが戦略ミスによってまさかのQ1敗退を喫するなか、最終ラウンドのQ3には、レッドブル、フェラーリ、メルセデス、マクラーレンの各2台とロータスのキミ・ライコネン、ザウバーのニコ・ヒュルケンベルグという10台が進出した。

 ポールポジションを決するQ3では、ソフトタイヤを投入したレッドブルのベッテルが最初のアタックで1分24秒119という驚異的なタイムをマーク。自らが2年前に記録したブッダ・インターナショナルのコースレコードを塗り替えるタイムで、早くもポールポジション争いに決着をつけてみせた。

 一方のライバル勢は、チームメイトのマーク・ウエーバー、そしてタイトル争いで2番手につけるフェルナンド・アロンソらがミディアムタイヤを投入する。彼らは、決勝戦略の軸となるミディアムタイヤでのレーススタートをにらんで予選を戦ったが、ウエーバーの4番手に対して、アロンソは8番手と苦しいポジションに終わった。

 ベッテルと同じソフトタイヤでフロントロウに並んだのはメルセデスのニコ・ロズベルグで、チームメイトのルイス・ハミルトンも3番グリッドを獲得。ウエーバーの後ろ3列目にはフェリペ・マッサとキミ・ライコネンが並び、ザウバーのニコ・ヒュルケンベルグが7番手につけた。

 ベッテルは、日曜日の決勝レースを5位以上でフィニッシュすれば、ドライバーズ選手権4連覇を決めることができる。

(オートスポーツweb)


Pos. No. Driver Team Q1
1 1 S.ベッテル レッドブル 1'24''119
2 9 N.ロズベルグ メルセデス 1'24''871
3 10 L.ハミルトン メルセデス 1'24''941
4 2 M.ウエーバー レッドブル 1'25''047
5 4 F.マッサ フェラーリ 1'25''201
6 7 K.ライコネン ロータス 1'25''248
7 11 N.ヒュルケンベルグ ザウバー 1'25''334
8 3 F.アロンソ フェラーリ 1'25''826
9 6 S.ペレス マクラーレン 1'26''153
10 5 J.バトン マクラーレン 1'26''487

→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ