最新ニュース

F1固定ナンバーが決定。13や27のドライバーも

2014.01.11

photo

©LAT

フォトギャラリー


 10日、FIAは2014年F1世界選手権のエントリーリストを発表、これに伴い各ドライバーの“パーマネントナンバー”が明らかになった。

 昨年12月に開催されたF1ストラテジー・グループおよびF1コミッション会合において、ドライバーのパーマネントナンバー制を導入することで合意がなされた。

 チャンピオンには「1」をつける権利が与えられるが、それ以外のドライバーは2番から99番の中から自身のナンバーを選ぶことを求められ、自身が選んだナンバーをキャリアを通して使用することになる。複数のドライバーが同じ番号を選んだ場合、前年のランキングで上位に位置するドライバーに優先権が与えられる。

 FIAは全ドライバーに対して自分が望む番号を第三希望まで選び、クリスマス前までに提出するよう求めていた。

 昨年末から一部のドライバーたちが自分が希望する番号をTwitterなどを通して明らかにしていた。

 昨年末までに選択したナンバーが明らかになっていたのは、フェルナンド・アロンソ(14)、キミ・ライコネン(7)、ニコ・ロズベルグ(6、5、9)、セルジオ・ペレス(11)、ジャン・エリック・ベルニュ(25、21、27)、フェリペ・マッサ(19)、バルテッリ・ボッタス(77、17、11)、ジュール・ビアンキ(7、27、77)だった。
 年明けになってからロメイン・グロージャン(8、29、11)、ケビン・マグヌッセン(20)、ジェンソン・バトン(22)、ダニエル・リカルド(3)もそれぞれ選んだ番号を公表していた。


 10日、今年のF1エントリーリストが発表され、ほぼすべてのドライバーに関してキャリアを通して使用する番号が正式に明らかになった。

 チャンピオン、セバスチャン・ベッテルは、「1」をつけることを決めたものの、王座を奪われた場合に使用する番号として「5」を選んだ。

 1980年代にフェラーリのジル・ビルヌーブがつけた伝説のナンバー「27」を、ニコ・ヒュルケンベルグが選んでいる。

 また、これまでF1では「13」は不吉な番号として通常使用されてこなかったが、パストール・マルドナドがこれをあえて選択した。

 なお、マルシャはジュール・ビアンキの起用しか発表していないものの、エントリーリストにはチームメイトとしてマックス・チルトンの名前が記載されていた。チルトンに関してはナンバーは未定とされている。

2014年F1世界選手権エントリーリストおよびドライバーレースナンバー

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ