最新ニュース

伊誌、可夢偉のケータハム入りほぼ決定と報じる

2014.01.20

photo

©FIA WEC

フォトギャラリー


 17日、イタリアのAutosprintは、ケータハムが2014年レースドライバーとして小林可夢偉とマーカス・エリクソンを起用する見込みであると報じた。

 今年F1に参戦する11チームの中で、ケータハムのみがドライバーを正式発表していない。

 今月初め、ケータハムのスポークスマンは、今年は経験あるドライバーとの契約を考えていると認め、可夢偉の起用のうわさに関して否定しなかった。

「現在ケータハムの候補と考えられているドライバーは多数おり、それは我々にとって素晴らしいことだ」とスポークスマンは答えた。
「可夢偉のような経験、才能、人気を備えた人物が我々チームと関係づけられるのは喜ばしい」
「ドライバーの発表はいずれ行う。可夢偉と同じぐらい経験豊かなドライバーを多数検討している」

 チーム立ち上げの際には実力あるヤルノ・トゥルーリとヘイキ・コバライネンを走らせたケータハムだが、財政的な事情により、昨年はルーキーのギド・バン・デル・ガルデと2年目のシャルル・ピックを選んだ。

 しかし昨年12月、チームプリンシパル、シリル・アビテブールは、レギュレーションが大幅に変わる2014年は、経験あるドライバーと若手ドライバーのペアを選びたいとコメントしていた。

 Autosprintは、ケータハムは今年、ドライバーラインナップを一新し、F1に3年以上参戦した経験を持つ可夢偉と、2009年の全日本F3王者でこの数年GP2に参戦しているエリクソンを起用する見込みであると報じた。エリクソンに関してはチームに資金を持ち込めることが交渉を有利にしたと、同誌は伝えている。

 ケータハムは、今年最初の合同テスト初日である28日に2014年の新車を発表することを明らかにしている。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ