最新ニュース

ロータスは異なるアプローチ。フォーク形状ノーズ

2014.01.24

 ロータスF1チームは24日、Twitter、Facebook上で2014年のニューマシン、E22のCG画像を公開した。他チームとは異なり先端が二股に分かれた特異な形状のノーズが目を引く。

 おなじみのブラックとゴールド、そしてトタルのレッドが施されたイメージ画像が、ロータスF1のSNS上で突如公開された。チームからの説明はほとんどなく、説明は「こちらが我々のビューティ、E22」という文章のみ。

 公開された画像で特に目を引くのが、今季大きな話題となっているノーズ部分だ。すでにウイリアムズ、フォース・インディア、そしてマクラーレンが画像を公開しており、先端が細められている“アリクイノーズ”をほぼすべてのチームが採用してきたが、ロータスはまったく異なるアプローチを施してきた。

 細めるのではなく分割し、二股に分かれフロントウイングを下げているような形状。本来ノーズ正面にあったロータスのエンブレムも、横側についている。まるでフォークのような形状だ。

 モノコック上面はフラットに仕上げられ、サイドポンツーンの絞り込みはウイリアムズほどきつくはない。また、今季パストール・マルドナドが加入したこともあり、PDVSAのロゴがエンジンカウル、リヤウイング翼端板に見て取れる。

 今回イメージ画像が公開されたロータスE22の実車は、まだ正式なお披露目時期は決定していない。


 

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ