最新ニュース

ニューエイも批判「こんな醜いノーズは愛せない」

2014.01.28

photo

©RedBull

フォトギャラリー


photo

©RedBull

フォトギャラリー


photo

©RedBull

フォトギャラリー


photo

©RedBull

フォトギャラリー


photo

©RedBull

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 レッドブルの2014年型マシンRB10発表に際し、チーフテクニカルオフィサーであるエイドリアン・ニューエイは、今年のF1新規則に対応するのは非常に難しかったと述べた。さらに、注目されるノーズ形状に関する批判も口にしている。

 2014年のマシンでは、規則の関係で各チームがそれぞれ奇妙なノーズデザインを採用、ニューエイが手掛けたレッドブルRB10も、細いノーズが突き出したデザインとなっている。

 今年の新しいレギュレーションに関して、ニューエイは次のように述べた。

「新しいエンジンの導入は大きなチャレンジだ。パッケージに収めるのが非常に難しい」
「80年代終盤にターボが姿を消して以来、エンジン面で最大の変化であることは間違いない」
「当然のことながら、ルノーが大きな役割を果たしており、ルノーエンジンをできる限りうまく収めるのは我々の仕事だ」


 2014年には空力面でも大きな変化が訪れる。ニューエイは、フロントウイングの幅が狭くなったことで、エンドプレートがフロントホイールの前の「ほぼ最悪のポジション」に位置することになったと述べた。

 また、ニューエイは、奇妙な形状で批判が集まっている今年のF1ノーズに関し、こういうデザインを強いる新しい規則は「おかしい」とも発言した。

「最終的に、球状部が突き出すようなふたつのノーズの形状に行きついてしまう。醜く不格好なデザインだ。このようなノーズを愛すようなオーナーは少ないだろう」

 コンストラクターズ、ドライバーズの両選手権で4連覇を成し遂げたレッドブルは今年F1参戦10年目を迎える。

 チームに新パワーユニットを供給するルノーは、今シーズンは信頼性を確保するためにある程度の妥協を強いられ、保守的なアプローチをとったと述べている。

(オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ