最新ニュース

可夢偉「ルノーに苦労し車の開発を進められない」

2014.02.21

photo

©Sutton

フォトギャラリー


 ルノーのパワーユニットには、今のところ他のマニュファクチャラーと戦う力はないと、ケータハムの小林可夢偉が語った。

 バーレーンテスト2日目に走行した可夢偉は66周を走行、1分39秒855のタイムで6番手、ルノー勢ではトップとなった。

 しかしルノーが今年導入した新しい1.6リッターV6ターボのエンジンパッケージをうまく機能させることに苦労していることで、ケータハムはルノーの問題解決に集中しなければならず、マシン自体の改善を進めることができずにいると、可夢偉は述べている。

「これが僕らが手にしているものなので、他のエンジンマニュファクチャラーと戦えるよう、僕らは彼らを助ける必要があります」と可夢偉。

「今のところ、僕らはペースの面で間違いなく弱すぎます。ですから彼らのために最大限のチャンスを提供し、その後、自分たちのマシンの作業に取り組まなければなりません」
「今はエンジンシステム(の改善)を待っているところです」

「テストの間、何台か他のマシンに出くわしますが、ストレートでは明らかにメルセデスユーザーのマシンの方が圧倒的に速い。20~30km/h速いと思います。つまり、僕らが本来のパワーで走れば、ブレーキングポイントも何もかもが違ってくるということです」
「短い期間で何ができるのかを見ていく必要があります。今のところ、僕らは間違いなくかなり遅れていますから」


 可夢偉は、低速コーナー立ち上がりのパワーデリバリーが問題だと指摘、残りのテスト6日間の中でその問題が解決されることを願っている。

 ルノーは前進しているとの自信を見せており、翌21日にはリヤのブレーキング・バイ・ワイヤ・システムなど、マシンの作業に集中できることをチームとしては期待している。

「エンジン面にたくさんの問題がありました」と可夢偉。
「パワーデリバリーがアグレッシブすぎて、コーナー立ち上がりでの加速をうまくコントロールするのがとても難しいんです」
「今は低速コーナーでどの程度のグリップを得られるかが分からず、とても苦労しています」

 21日はマーカス・エリクソンがケータハムのテストを担当する予定となっている。

(オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ