最新ニュース

可夢偉への罰はなし。原因はブレーキトラブル

2014.03.16

photo

©LAT

フォトギャラリー


 F1開幕戦オーストラリアGPの決勝スタートで、他車を巻き込み0周リタイアに終わった小林可夢偉だが、レーススチュワードは、可夢偉のマシンがブレーキトラブルに見舞われていたとしてペナルティを課さないことを明らかにした。

 14番グリッドから好スタートを決めたケータハムの可夢偉は、1コーナーのブレーキングでタイヤがロック。コントロールを失った可夢偉は、フェラーリのキミ・ライコネンと接触した後、ウイリアムズのマシンを巻き込むかたちで1コーナーのランオフエリアにコースアウトし、1周も走ることなくレースを終えた。

 スチュワードは、可夢偉のアクシデントについてレース後に審議することを明らかにしていたが、彼から追突されてリタイアを余儀なくされたウイリアムズのフェリペ・マッサはスチュワードに対し厳しい処分を課すよう求めていた。

 しかし、可夢偉の所属チームであるケータハムは、スチュワードが審議した結果、可夢偉のアクシデントはドライバーのエラーではなく、リヤブレーキのトラブルが原因だったと結論づけられ、可夢偉に対するペナルティは課されないことを確認した。

 可夢偉はレース後、Twitterで「システムトラブルでリアのブレーキ0でした。 怪我しなかっただけでもラッキーです」とコメントしている。

 今年のF1にはペナルティポイント制度が導入されており、累積12ポイントになると次のレースに出走できなくなる。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ