最新ニュース

RUSHのBD&DVD発売会見に長谷見登場。76年を回想

2014.08.04

photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 映画『ラッシュ/プライドと友情』のブルーレイ&DVD発売記念イベントが4日、都内で開催され、映画のクライマックスとなる1976年のF1日本グランプリに参戦し、現在はNDDP RACING監督を務める長谷見昌弘がゲストとして登場した。

 1976年のF1シーズンを軸に、ジェームス・ハントとニキ・ラウダのチャンピオン争いや、ライバル関係を超えた絆を描き出したラッシュ。アカデミー賞監督としても知られるロン・ハワード監督のもと、クリス・ヘムズワースがハント役、ダニエル・ブニュールがラウダ役を演じ、世界でも高い評価を受けたこの作品のブルーレイ/DVDが4日に発売となった。

 会見に登場したのは、76年の日本グランプリにコジマKE007で参戦した長谷見監督。長谷見監督は、予選1回目で4位に食い込む好タイムを記録するも予選2回目でマシントラブルによりクラッシュ。マシンは大破するものの1日半の作業を経て決勝レースに臨み、急造のマシンを駆り11位でレースを終えた。

「日本のマシンも負けていなかったけど、経験がなかったですよね」と当時の戦いを振り返った長谷見監督。クラッシュを喫した際は「死んだなと思った」というが、「普段の行いがいいから無傷でした(笑)」と笑いを交えながら語った。

 また、「ラウダだけは日本チームも含めて全チームのマシンを見ていました」と当時を回想。ハントに関しても、「映画でも再現されていましたが、歓迎パーティーに裸足で来ていましたね」とその印象を述べた。映画に登場したラウダとハントについては「本人によく似ています。この通りでびっくりした」という。


「レースのシーンもよくできています」と走行シーンにも太鼓判を押した長谷見監督。特に印象に残ったのは、映画の中でも重要なシーンとなる、ラウダのクラッシュシーンだったという。

「僕も走ったことがありますが、ニュルブルクリンクでのラウダのクラッシュのシーンは、何度見ても本物かCGか分かりませんでしたね」

 会見には、長谷見監督とともにポニーキャニオン・グラドル映画宣伝部を務めるグラビアアイドルの高崎聖子さん、倉持由香さん、鈴木咲さんの3人も登場。“コースアウト覚悟”(!?)のセクシー衣装に身を包んだ3人もブルーレイ/DVD発売をPR。トークセッションでは、長谷見監督の語る当時の話に興味津々の様子で耳を傾けていた。

 4日に発売となったラッシュのブルーレイ/DVDだが、初回限定生産4000個のブルーレイ・スチールケース仕様も同時発売に。この限定版には、ジャパンプレミアの様子や来日インタビューを収めた特典映像も収録されている。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ