最新ニュース

ホンダF1のPUは『メルセデス方式』を採用か!?

2014.12.12

photo

©LAT

フォトギャラリー


photo

©LAT

フォトギャラリー


photo

©Honda

フォトギャラリー


photo

©McLaren

フォトギャラリー


photo

©auto sport

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 フェルナンド・アロンソ、ジェンソン・バトンというワールドチャンピオン経験者ふたりとともに2015年シーズンのF1を戦うことが決定したマクラーレン・ホンダ。ドライバーの実力、実績は申し分ないとなると、その成功のカギはやはりホンダ製パワーユニット(PU)の戦闘力次第と言っても過言ではないだろう。そして、12月12日発売のオートスポーツNo.1396では、そのホンダ製PUが「メルセデス製PUと酷似している」と報じている。

電子ブックでオートスポーツNo.1396を読む

 2014年のF1で圧倒的なパフォーマンスを誇ったのは、メルセデスベンツ製パワーユニット『PU106A Hybrid』。メルセデスF1チームのダブルタイトル獲得にとどまらず、ウイリアムズをコンストラクターズランキング3位に押し上げることに大きく貢献したのは言うまでもない。

 そのメルセデス製パワーユニットの最大の特徴は、今季から採用されたターボチャージャーユニットのレイアウトにあると言われている。

 たとえばルノーは、セオリーどおりエンジン後方にタービンとコンプレッサーをまとめて配置しているのに対して、メルセデスは“コンプレッサーをエンジン前部”、“タービンをエンジン後部”と引き離してレイアウトする『スプリット・ターボ方式』を採用。これがインタークーラーの小型化や吸気温度、マシン重量バランスなどに効果をもたらし、他を寄せ付けぬパフォーマンスにつながったと言われている。


 そんな中、アブダビGP後に行われたF1合同テストでは、初めて公の場でホンダ製パワーユニットを搭載した車両『MP4-29H/1X1』が走った。初テスト(2日間)の周回数が“わずか5周”にとどまったことはすでに多くのメディアでも報じられているが、オートスポーツNo.1396では、そのホンダ製PUの構造──エアボックスやミッションケースの形状など「メルセデス製パワーユニットと酷似する点が数多くある」ことに着目し、興味深い検証を行っている。

 さらにこの中では、「当初、ホンダはルノーと同じやり方を考えていたが、メルセデスの手法を見てスプリット・ターボ方式に切り替えた」というマクラーレンのエンジニアの証言も掲載している。

 そうした理由によるものだろうか。イギリス人のベテランF1ジャーナリストは「来季のホンダが、ルノー、フェラーリを上回る可能性」について言及している。一方で、「メルセデスのマネをしていては、ホンダは勝てない」とする元世界王者ジャック・ビルヌーブの主張も掲載。また「2014年F1総集編」として、ルノーパワーユニット開発担当者の独占インタビューや今季F1における“注目すべきメカニズム”の図解なども掲載している。

電子ブックでオートスポーツNo.1396を読む

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ