最新ニュース

【解説】絵に描いたような正常進化 メルセデスW06

2015.02.04

photo

©MERCEDES

フォトギャラリー


photo

©MERCEDES

フォトギャラリー


photo

©MERCEDES

フォトギャラリー


photo

©Sutton

フォトギャラリー


photo

©Sutton

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 2014年の最終戦アブダビGPの予選結果を覚えているだろうか。ポールポジションを獲得したのはメルセデスAMGのニコ・ロズベルグ。タイムは1分40秒480だった。メルセデスAMG以外の最上位がウイリアムズのバルテリ・ボッタスで、タイムはロズベルグからコンマ5秒以上も遅れる1分41秒025。同様のパワーユニットを使用しているウイリアムズでもそれだけの差が存在し、メルセデス・ユーザー以外の最上位だったレッドブルのダニエル・リカルドは、違反に問われたフロントウイングを使用してもコンマ8秒遅れた。

 F1でこれだけのギャップを縮めるのは1年をかけても難しく、それを最終戦からわずか2、3カ月で埋めるのは不可能だと言ってもいい。つまり、今年の開幕戦で十分なアドバンテージを握っていることを悟ったメルセデスAMGの技術陣が2015年の開発に向けて採るべきアプローチは昨年型『W05』のコンセブトを維持することである。そして、2015年マシンの『W06』は、まさに絵に描いたような正常進化型のマシンだった。

 レギュレーション変更に合わせたローノーズは、昨年よりも細いシェイプになったが、先端に突起物を持たないシンブルな形状は維持。いまや空力を優先してデザインされると言われる前後のサスペンションも2014年からのコンセプトを引き継いでいる。したがってW06は完全な新車というよりも、W05が成長した兄弟のようなマシンで、ノーズ以外は見分けがつきにくいほど似ている。
 つまり、メルセデスAMGはすでに持っている貯金で博打を打つようなギャンブルはせず、今年はその貯金を賢く使おうと考えているため、大幅な変更を施してきたライバル勢との差は縮まる傾向が考えられる。それは昨年のチャンピオンであるルイス・ハミルトンも認めており、「ライバルたちのほうが大きく改善してくるだろうから、昨年ほどのアドバンテージはないだろう」と語っている。


 ただし、ヘレステスト初日にトップタイムをフェラーリに譲ったのは、速さでフェラーリに劣っていたからではない。メルセデスAMGは進化系マシンであるW06の速さを十分理解しているので、一発のタイムを出す必要がなかっただけである。彼らにとって最初のテストにおける最大の目的は、変更されたタイヤのデータ収集。初日に157周を走破したのも、そのためだった。

 しかしながら、W06にもノーズ以外で昨年のマシンと異なる部分はある。それは、同じ見えない部分にある。W06とW05のエンジンカウル、およびサイドポンツーンを比較すると、その形状が微妙に違っているのがわかる。昨年もW05は両サイドが大きくえぐれたアグレッシブなサイドポンツーン形状をしていたが、今年はさらに上面の高さを抑えただけでなく、後方へ向けての傾斜が大きい「ローバックダウン」タイプとなっている。
 つまり、変更されたのは、その下に隠されているもの。パワーユニット関連だと推測される。パワーユニットそのものの大きさはすでにレギュレーションによって変更を加えることは事実上不可能であることを考えると、全体的にシェイプアップして見えるのは、パワーユニット本体以外の、例えばラジエターなどの補器類の大きさ、あるいはそれらのレイアウトになんらかの変更が加えられたと考えていいだろう。

 そんな中、ヘレステスト2日目には水漏れが発生するトラブルに見舞われた。果たして、それが補器類の変更に伴うものなのかどうか。今後のテストではメルセデスAMGの信頼性にも注目したい。

(尾張正博)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ