最新ニュース

アロンソがクラッシュ、ヘリで病院へ搬送

2015.02.22

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


photo

©XPB Images

フォトギャラリー


photo

©Sutton

フォトギャラリー


photo

©XPB Images

フォトギャラリー


photo

©XPB Images

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 バルセロナで行われているF1合同テスト4日目、朝のセッションでマクラーレン・ホンダを駆るフェルナンド・アロンソがクラッシュを喫し、ドクターヘリで近くの病院へ搬送された。アロンソは意識もあり、話をしているという。

 この日のアロンソは、一連のトラブル原因となっているMGU-Kのシール不良に関し、再度改良し直したシールを付け替えるために最初の2時間をガレージで過ごした。

 その後、走行をスタートさせたアロンソは、ランチブレイクを前に20周を重ねたが、直後の21周目に高速コーナーのターン3からターン4の間でバランスを崩し、イン側のウォールにクラッシュを喫してしまった。

 ウォールの側に停止したアロンソのマシンはフロントウイングが失くなっているものの、ノーズやサスペンションはほとんどダメージもなく、マシン自体は原型をとどめている。

 一方、アロンソの元にはすぐに医療スタッフを乗せたメディカルカーが駆けつけ、すぐにサーキットの医療センターへ搬送されたが、サーキットの責任者はアロンソは意識があり、話もできているとコメント。チームもそれを認めている。

 ただ、“更なる検査”を理由にアロンソはサーキットのドクターヘリで近くの病院へ搬送されることが決定。厳重に目隠しをされてドクターヘリに乗せられたアロンソは、病院で詳しい検査を受けることになっている。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ