最新ニュース

「MP4-30はとてもいいマシンになる」マグヌッセン、昨年型との違いに驚く

2015.03.01

photo

©LAT

フォトギャラリー


photo

©XPB Images

フォトギャラリー


photo

©LAT

フォトギャラリー


photo

©Sutton

フォトギャラリー


photo

©LAT

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 バルセロナにおける最後のプレシーズンテスト3日目に、テスト&リザーブドライバーのケビン・マグヌッセンがマクラーレンMP4-30を初めてドライブし、今年のマシンは昨年型とは全く異なっており、とてもいいマシンになるとの感想を語った。

 クラッシュの影響で今回のテストを欠席したフェルナンド・アロンソに代わり、2月28日、マグヌッセンがステアリングを握った。マグヌッセンはすぐにマシンになじんたものの、午後にオイル漏れが発生したためにマクラーレンはテストを打ち切った。合計39周を走行するなかで、マグヌッセンは1分25秒225で8番手となった。

 2014年にレースドライバーを務めたマグヌッセンは、新車は昨年とは全く異なるマシンであり、基礎はいいと述べた。

「今年のマシンは去年のものとはかなり違う」とマグヌッセン。
「一貫性が大幅に向上したと感じる。より予測しやすくなり、ドライバーフレンドリーなマシンだ。まだ十分な速さはないけれど、ベースラインとしては確かなものだと感じるし、これから大きく向上するはずだ。マクラーレン・ホンダはこの方向に進んでいけばいいマシンになると思う」
「またマシンに乗ることができて嬉しかった。新車で走るのが大好きなんだ。このマシンに初めて乗ってみて、去年取り組んできた仕事がこのマシンに活用されているのが分かった」


 マグヌッセンは、まだやるべきことは多いが、シーズンの中でMP4-30はいいマシンになっていくと予想している。

「とても一貫性が高く、予測しやすく、スムーズで、走りやすい」とマグヌッセンはSky Sportsに対して語った。
「去年のマシンの方がダウンフォースは大きかったと思うが、シャープで予測しづらいマシンだった」
「新しい発想による完全に新しいデザインだ。まだやるべきことは多いけれど、ベースはとてもいいと思う。すごくいいマシンになるだろう。ただ、シーズン序盤は難しいかもしれない」

 マグヌッセンはまた、実際にテストに参加してみて、ホンダが勝ちたいという強い意思を持っているのを感じたと述べている。
「ホンダと一緒に働けて嬉しい。とてもやる気があるチームだし、成功したいという気持ちを持っているのを感じる。彼らはここに勝つために来ているんだ。時間はかかるだろうが、それを成し遂げるために彼らはここにいる」

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ