最新ニュース

ハミルトン、カーナンバー1よりも44の方が重要

2015.03.02

photo

©LAT

フォトギャラリー


 2014年のチャンピオン、ルイス・ハミルトンは、F1の伝統的なチャンピオンナンバーである1よりも、自身のパーマネントナンバーである44をつけることの方が自分にとっては重要だと語った。

 F1は、昨シーズンからファンに異なるアイデンティティを与えるため、ドライバーがキャリアを通して同じカーナンバーを使用するパーマネントナンバー制度を導入。また、選手権を勝ち取ったドライバーにはチャンピオンナンバーの1をつける権利が与えられる。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、昨年まで4年連続でカーナンバー1をつけていたが、タイトル防衛に失敗して迎えた今年はパーマネントナンバーとして申請していた5をつけることになっている。

 一方、昨年2度目のタイトルを獲得したハミルトンは、今年、チャンピオンナンバーの1をつける権利を手にしながら、2015年も引き続き44を使用することを決めている。

「選手権に勝てば誰でも1をつけることができるが、僕にとっては重要ではない」とハミルトン。
「44は1よりも意味がある。ただし、僕がナンバー1ではないという意味ではない」

「44は僕のファミリーナンバーであり、レースを始めた時につけていた番号だ」
「僕は44で初めて選手権に勝った。僕にとっては意味があるんだ」

「1はベッテルがつけていたし、シューマッハーもつけていた。チャンピオンは皆つけていたが、44は誰もつけていない」

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ