最新ニュース

アレジの息子ジュリアーノ ファン感で日本初登場

2015.03.08

photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


他の写真も表示 全4枚最初の1枚

 本日2日目が行われている鈴鹿モータースポーツファン感謝デー。午後からのイベントにはジャン・アレジとその息子ジュリアーノが登場し、トークショーとデモランを披露した。

 ジュリアーノ・アレジはジャン・アレジと後藤久美子さんの間に生まれた息子で、現在15歳。父親と同じくF1ドライバーを目指し、今季はフランスF4選手権に挑戦。4輪レースデビューを果たすという。

 トークショーには、唯一の親子ワールドチャンピオンとなったデイモン・ヒルも同席。「僕の時代は親子でF1ドライバーになるっていうのは珍しいことだったけど、今はロズベルグの例もあるし、ジャンの息子だって可能性がある。僕の息子もレースをしていたんだけど、15歳から始めたのは遅かったね。今は5歳くらいからレースを始めないとダメなんだ。でも、彼は自分からレースを辞めると言ってきた。それは、賢い選択だったと思うよ」と語った。

 ジュリアーノが登場すると、アレジはまさに父親の顔になっていた。ジュリアーノはフォーミュラ・エンジョイ2に乗ってコースイン。ピットレーン出口の白線を跨いでしまう(レースならばペナルティが課せられるミス!)というハプニングがあったものの、大観衆の前での鈴鹿初走行を無事に終えた。


 息子の走りを見たアレジは「鈴鹿で、しかも大勢のファンの皆さんの前で走れるということは、本当に信じられないこと。このようなチャンスを与えていただいて、本当に感謝しています」と、目を潤ませて語った。そして「走行前には、『フルコースじゃないので気をつけなさい』とアドバイスしておいた。白線の件は後で言っておきます」と付け加えた。

 ジュリアーノは走行を終えると、マシンをグランドスタンド前の所定に位置に停める。すると、アレジはおもむろにマシンに近づき、下車しようとするジュリアーノをフォロー。ステアリングやシートベルトを外すのを手伝い、父親としての顔を覗かせた。

 マシンから降りてきたジュリアーノは、なんと流暢な日本語で「ありがとうございます。とても興奮しています」と喋り、場内を驚かせた。ジュリアーノが鈴鹿でF1を走らせる日は来るのか? 来るとしたら、それはいつになるのか? 将来が実に楽しみである。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ