最新ニュース

「マクラーレンは侮れない」とライバル

2015.03.12

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 ウイリアムズのチーフテクニカルオフィサー、パット・シモンズが、2015年のマクラーレン・ホンダを侮ることはできないと語った。

 F1でトップに立つためマクラーレンとホンダは再びパートナーシップを結んだが、プレシーズンテストでは多数のトラブルに見舞われて十分な走行を行うことができず、少なくとも今シーズン序盤は苦しい戦いを強いられるとの見方が強い。

 しかしシモンズは、マクラーレンの苦戦に驚いているかと聞かれ、昨年のレッドブル・ルノーの挽回を考えるとマクラーレンが今季中に上位で戦えるようになる可能性は十分あると答えた。

「思い起こせば昨年のこの時期、ルノーは問題を抱えていた。しかし彼らはそれを乗り越えて3勝を挙げたのだ」とシモンズ。
「彼らの努力のたまものだ。だからこそどのチームであっても見くびってはならないのだ」

 現時点ではメルセデスが圧倒的に強く、ウイリアムズはフェラーリと2番手の位置を争うことになるとシモンズは予想しているが、マクラーレンがその戦いに加わるようになる可能性を除外してはいない。

「今のところ(ウイリアムズに一番近い位置にいるのは)フェラーリだと思う」とシモンズは語った。
「今年一番大きな進歩を遂げたのはフェラーリだろう。しかし他の優れたチームを無視することはできない」
「レッドブルも上がってくるだろうし、マクラーレンも問題を解決すれば間違いなく上位に来る」
「自分たちの後ろを見るより前を見ていたいと思ってはいるが、後ろから急激に追い上げてくるチームが出てくるだろうことは間違いない」

(オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ