最新ニュース

ホンダPU開発、シーズン中は9トークン使用可

2015.03.14

photo

©Honda

フォトギャラリー


 FIAは14日、このオフシーズンに各パワーユニットメーカーが使用したトークン数を発表した。

 現在のF1レギュレーション下では、パワーユニットの開発が原則禁止されている。しかし、パワーユニットの各箇所ごとにトークン数が付与されていて、FIAが定めた合計トークン数以内であれば、昨年ホモロゲーションを受けたパワーユニットを開発/アップデートできることになっている。

 本来ならばこの開発はオフシーズン期間中のみ許される予定だったが、レギュレーションの記載に不備があり、シーズン開幕以降も、1年間で使用が許された合計トークン数内での開発が許されることになった。

 2015年シーズンに向けて各パワーユニットメーカーが使用できるトークン数は32。このうちフェラーリが22、メルセデスが25、ルノーが20のトークンを、今季の開幕戦時点ですでに使ったと発表されている。昨シーズン、パワーユニットの性能で他を圧倒したメルセデスが、最も多くのトークンを使って開発を進めてきたというのは、少々驚きである。

 彼らがオフシーズンに使ったトークンの残りが、シーズン中にも使用できるトークン数。つまり、フェラーリは10トークン、メルセデスは7トークン、ルノーは12トークンそれぞれ残していることになる。なお、今季から参入のホンダは、開幕を前に今季のパワーユニットをホモロゲート。今シーズン中にはフェラーリ、メルセデス、ルノーが余したトークンの平均である9トークンを使用して、開発/アップデートを行うことが許される。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ