最新ニュース

ホンダ密着:Q1突破に貢献したソフトウェアの進化

2015.04.19

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 4戦目にして、マクラーレン・ホンダが予選Q2に進出した。前戦中国GPのQ1ではトップから約1.7秒あった差が、バーレーンGPでは1.3秒に縮まっていたことを考えれば、実力でもぎとったQ2進出だと言っていい。

 エリック・ブーリエ(レーシングディレクター)も「F1ではハードワークをこなすことで結果が出る。魔法は一切ない。だから、今日得られた改善は、才能にあふれた多くの人々による懸命な努力の賜物。本当にみんなよくやった」とチームを讃えている。

 中国GPから2週連続開催のバーレーンGPでは、パワーユニットのハード面でほとんど変更はなかった。にもかかわらず、マクラーレン・ホンダが前進してきたのは、ホンダがソフトウェアを改善してきたからだ。

 中国GPでは金曜日のフリー走行は良かったが、土曜日になると、その走りが再現できなかった。バーレーンGP開幕までの4日間、ホンダはデータを徹底的に見直した。そして、エネルギーのマネージメントがバーレーンのコース特性に適合し、ドライバビリティが向上したのである。新井総責任者も「バーレーンのサーキットに合わせて、いまあるパワーユニットの性能をきちんと使い切ることができた」と評価した。


 もちろん攻めた結果、課題も残った。ジェンソン・バトンのマシンには金曜日に続いて土曜日も問題が発生し、コース上で止まってしまったからだ。マシンが止まった状況をバトンは次のように説明している。

「フリー走行3回目は良かった。でも、予選になってコースインしたら、大きな音がして、クルマの機能がすべてシャットダウンした」

 新井総責任者によれば「何が起きたのか、よくわからない」と言う。しかも「その原因が車体側なのかパワーユニット側にあるのかもわからない」という。したがって原因の究明には時間を要する可能性が高く、予選直後に開かれた会見では「残業申請するかどうかも含めて、いま作戦会議をしているところ」だと語った。

 それでもバトンはこう言って、ノータイムに終わった土曜日の予選を締めくくった。

「マシンが止まってしまったことは残念だけど、フェルナンド(アロンソ)はQ2に進んだ。チームは確実に前進している」

 バトンの言うとおり、1週間前の中国GPでチーム最高位が予選17位だったマクラーレン・ホンダは、バーレーンGPでは14位を獲得し、初めてQ2に進出した。小さな前進かもしれないが、チームにとっては大きな一歩となったに違いない。

(尾張正博)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ