最新ニュース

アロンソ「恐ろしいトラブルがなければ入賞できた」:マクラーレン・ホンダ日曜コメント

2015.05.11

photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


 2015年F1スペインGPの日曜決勝で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソはリタイアを喫した。

■マクラーレン・ホンダ
フェルナンド・アロンソ 決勝=リタイア
 ピットストップの瞬間は恐ろしかった。インラップのまるまる1周、リヤのブレーキがほとんどきかず、ピットに入ってきた時にはさらに状態が悪くなっていた。メカニックたちにとってぞっとするような状況だったが、幸い誰もけがをせずに済んだ。

 今日の僕のブレーキトラブルは、昨日ジェンソン(・バトン)のマシンに出ていた問題とは別のものだ。予選で彼のブレーキディスクのひとつが温まらなかった。僕の場合、ブレーキがきかなくなった。リヤのディスクが機能しなくなり、フロントブレーキしかなくなった。

 それでも状況は整いつつある。トップとの差は相変わらず大きいから、もっと大きく前進していく必要がある。でもこれは非常に取り組みがいのあるプロジェクトであり、僕としてはチームが遅れを取り戻しつつあることを喜んでいる。

 今日は残念な一日になってしまったが、何が起きたのか、チームがこれから調査する。もっと強くなってモナコで戻って来るつもりだ。


 今日のレースでは、僕らにとっては(3回でなく)2回ストップの戦略の方が正解だったようだ。ほぼ予想どおりのレースをしていたので、今日は(完走できていれば)9位か10位に入れた可能性があると思う。

(オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ