最新ニュース

ビアンキの車番「17」が永久欠番に、FIAが発表

2015.07.21

photo

©LAT

フォトギャラリー


 FIAは、今月17日に亡くなったジュール・ビアンキのカーナンバー『17』を永久欠番にすることを発表した。

 マルシャF1(現マノー・マルシャ)のドライバーだったビアンキは、昨年、鈴鹿サーキットで開かれたF1日本グランプリで頭部に重傷を負い、それ以来、意識が戻らないまま9カ月もの長く厳しい療養生活を闘かってきたが、今月17日に息を引き取った。

 FIAは20日、ビアンキに敬意を示し、彼のカーナンバーを永久欠番にすることを公式サイトで発表した。

「FIA会長のジャン・トッドは、ジュール・ビアンキに敬意を表し、カーナンバー『17』をFIA フォーミュラ1世界選手権の永久欠番とすることを発表した」
「現在、F1のカーナンバーは各ドライバーの選択制になっており、FIAはジュール・ビアンキのカーナンバー『17』を永久欠番にすることがふさわしいと考える」

「これに伴って、今後このナンバーがFIA フォーミュラ1世界選手権に参戦するマシンに使用されることはない」

 F1では、2014年から“パーマネントナンバー”制度が導入されている。
 これは、ドライバー自身が選んだカーナンバーをキャリアを通して使用するもので、各ドライバーは2番から99番の中から自身のナンバーを選択。前年のチャンピオンには『1』をつける権利も与えられる。

 ビアンキは申請時、『7』『27』『77』の3つを選択していたが、優先権のある前年のランキング上位ドライバーがすべてそれらを申請していたため、最終的に『17』を使用することになった。

 21日は、ビアンキの故郷ニースで彼の葬儀が執り行われることになっている。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ