最新ニュース

マクラーレン・ホンダ、苦難の船出からトップ5へ/前半戦トピックス10

2015.08.12

photo

©LAT

フォトギャラリー


photo

©Sutton

フォトギャラリー


photo

©Sutton

フォトギャラリー


photo

©XPB Images

フォトギャラリー


photo

©Sutton

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 2015年F1前半戦が終了し、F1界はサマーブレーク中。この機会にマクラーレン・ホンダのここまでの半年を振り返り、10のトピックスをピックアップしてまとめました。

 2015年、F1に伝説のパートナーシップ、“マクラーレン・ホンダ”が復活しましたが、その船出は簡単なものではありませんでした。ですが、チームメンバーは皆前向きな気持ちを保ち、一歩ずつ前進を果たしていくために努力を重ねています。
 トラブル続きのシーズンオフから、ハンガリーGPでフェルナンド・アロンソがトップ5に入るまでのチームの今シーズン前半戦を、過去の記事から振り返ります。

※マクラーレン・ホンダ以外のF1全般の話題に関しては別記事(「未来のF1、ストーブリーグ…前半戦のトピックス5選」でまとめていますのでぜひご覧ください。

【目次】
─────────────────────
【1】トラブルが止まらない
【2】前進へ。さまざまな“初”まとめ
【3】将来は明るい。ポジティブ発言集
【4】時には苦しさをにじませる
【5】アロンソの本気
【6】アロンソのクラッシュに衝撃走る
【7】注目集まるアップデート
【8】マクラーレン・ホンダに対する外部の評価
【9】“25グリッド降格”の衝撃と影響
【10】2016年のプラン
─────────────────────


【1】トラブルが止まらない

 プレシーズンテストでの周回数は全チーム中最下位。開幕後も信頼性の問題が続出し、前半10戦で完走は2台合わせて9回のみでした。

・ヘレステストで:
 密着マクラーレン・ホンダ:原因不明の不可解な音
・バルセロナテストで:
 密着マクラーレン・ホンダ:トラブル再発に苛立ち
・プレシーズンテストを終えて:
 プレシーズンテスト、パワーユニット別総周回数

・開幕戦オーストラリアで:
 密着マクラーレン・ホンダ:敵は熱だけではない
・第4戦バーレーンで:
 GP直送:バトン出走断念までの舞台裏に密着
・第5戦スペインで:
 アロンソ「恐ろしいトラブルがなければ入賞できた」
・第7戦カナダで:
 ホンダ密着:今季最大の失望、開発「前倒し」決意
・第9戦オーストリアで:
 ホンダ密着:トラブルを止められず前代未聞の逆境
・第10戦ハンガリーで:
 ホンダ密着:相次いだトラブル、裏切られた期待


【2】前進へ。さまざまな“初”まとめ

 トラブルの連発に苦労しながらも、少しずつ改善しているマクラーレンMP4-30・ホンダ。前半戦に完走、Q2進出、入賞、ダブル入賞など、さまざまな“初”を達成しました。後半戦には初Q3進出なるか。

・新車発表:
 ホンダ「妥協のない車目指した。性能確認が楽しみ」
・ヘレステストで初走行:
 マクラーレン・ホンダ、初日はトラブルで切り上げ
・初戦オーストラリアで初完走:
 ホンダ「完走は前進。一方で大きな課題も見えた」
・中国で初めて2台そろって完走:
 ホンダ密着:完走では喜べない、見せつけられた差
・バーレーンGPで初めてQ2進出:
 ホンダ密着:Q1突破に貢献したソフトウェアの進化
・モナコで初入賞:
 ホンダ密着:低中速を改善して、計算を超えた喜び
・ハンガリーで初めてダブル入賞&トップ5達成:
 ホンダ「セッティングが奏功。2台入賞に感謝」


【3】将来は明るい。ポジティブ発言集

 マクラーレン・ホンダのメンバーたちは皆、長期的なプロジェクトであり、方向性は正しいと口々に述べており、苦戦の中でもポジティブな姿勢を保ち続けています。

バトン、「なぜそれほど楽観的?」の問いに答える
「MP4-30はとてもいいマシンになる」マグヌッセン、昨年型との違いに驚く
アロンソ「MP4-30のバランスは一貫して素晴らしい」後半戦に期待
ホンダ「ハンガリー決勝は完璧」出力上げてスパへ
マクラーレン「今シーズン中の表彰台は可能」


【4】時には苦しさをにじませる

 ポジティブさを失わないマクラーレン・ホンダですが、現状は困難であり、目標達成が簡単ではないことは認めています。

バトン「最後列は避けたい。マノーが出てくれれば…」
バトン「これほど怖いクルマに乗ったのは初めて」
マクラーレン「失望という言葉では言い表せない」
アロンソ「今の僕らは脆すぎる」
ホンダ「F1挑戦は想像以上に困難」苦戦の原因語る


【5】アロンソの本気

 元チャンピオンでありながら、後方グリッドでの戦いを強いられているフェルナンド・アロンソ。「いつキレるか?」という声も多いなか、根気強くマシン改善に貢献し、後方でのレースでも決して心折れることなく戦い続けています。カナダGP決勝中、燃料セーブの指示を断ってあくまで戦うことにこだわったり、ハンガリー予選で止まってしまったマシンを必死に押す姿などに本気の姿勢が表れていました。

アロンソ「5位は驚くべき結果。チャンス生かし切った」
ホンダ密着:魂の走りで、足りないものが明らかに
アロンソ「変に思われるだろうが今年ベストの予選」
アロンソ「バトルをさせて。アマチュアに見えるから」
アロンソ「必死に車を押し戻したが再出走許されず」


【6】アロンソのクラッシュに衝撃走る

 シーズンオフテストでのアロンソのクラッシュはショッキングな出来事でした。ヘリで病院に搬送され、長い療養生活に入り、開幕戦は欠場。幸い今は元気に走っており、オーストリアでのキミ・ライコネンとのクラッシュの影響もありませんでした。

アロンソがクラッシュ、ヘリで病院へ搬送
マクラーレン、事故の重大性否定。原因には触れず
密着マクラーレン・ホンダ:奇妙な事故に感電の噂
アロンソは事故前ステアリングに違和感 とチーム
アロンソ開幕戦を欠場。重篤化リスク回避のため



【7】注目集まるアップデート

 信頼性、パフォーマンスの両方で他より劣っているマクラーレン・ホンダ。アップデートには毎回大きな注目が集まります。次のベルギーではホンダがトークンを使った新仕様のパワーユニットを導入する予定です。

マクラーレン・ホンダ、スペインGP以降の新カラーリングを発表!
ホンダ、トークン使用の改良版PUをカナダで投入へ
メカUPDATE:マクラーレンの新空力パッケージ(オーストリア)
GP直送:マクラーレン、あの新型ノーズ採用の理由
ホンダ、スパでトークン使用の新スペックPU投入 「表彰台に挑戦を」


【8】マクラーレン・ホンダに対する外部の評価

 苦戦するマクラーレン・ホンダですが、時間はかかってもいずれ成功を収めるだろうと、さまざまな人々が述べています。

マクラーレン・ホンダはダークホース とリカルド大注目
「マクラーレンは侮れない」とライバル
「マクラーレン・ホンダとアロンソは王座に就く」とベルガー
「ホンダはいずれ勝つ」とメルセデス


【9】“25グリッド降格”の衝撃と影響

 オーストリアGPでは予選で下位に終わった上に、パワーユニットのエレメント交換も強いられ、マクラーレン・ホンダの2台は合わせて25グリッド降格という前代未聞のペナルティを受けました。これが注目を集め、複雑なペナルティが批判を受け、シーズン中の規則変更につながりました。

マクラーレン「規則再考を。王者が最後尾は悲しい」
25グリッド降格の波紋。規則見直しを求める声
25位降格への批判でPUペナルティシステム変更へ
ホンダへの1基追加&PUペナルティ変更が正式決定


【10】2016年のプラン

 マクラーレン・ホンダは繰り返しこのプロジェクトは長期的なものであり、時間がかかっても確実にトップに立つと話しています。アロンソは今シーズンは来季以降のためのテストの場とも。一方、来年のドライバーラインナップはまだ確定しておらず、そこにも注目が集まっています

ホンダ密着:「2番になることは考えていない」
アロンソ「来季マシンの開発を最優先事項に」
アロンソ「来年のため今年トラブルを出しておこう」
マクラーレン、3人のドライバー候補を検討中
バトン「マクラーレン残留は決定事項ではない」と発言
マクラーレン、消滅の懸念を否定「1年半で上位に」
マクラーレン、ホンダのF1プランが「もどかしい」

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ