最新ニュース

Fインディア、来季からアストンマーチンの名称に変更

2015.10.31

photo

©LAT

フォトギャラリー


 フォース・インディアが、2016年から新たにアストンマーチン・レーシングの名称で参戦する交渉を進めていることが明らかになった。

 1959年と60年にF1に参戦した経験も持つイギリスの高級スポーツカーメーカー、アストンマーチンは、今年の夏にメルセデスと来季のエンジン交渉を進めていたレッドブルとの提携でF1に復帰すると報じられた。
 この提携は実現しなかったものの、同社はそれ以外にもメルセデスユーザーのフォース・インディアやウイリアムズ、ロータスなどとも交渉を行っていたことが分かっている。

 彼らは、高級スポーツカー市場のライバルであるマクラーレンやフェラーリにサーキットでも対抗するべく、F1の存在を利用したいと考えているという。

 今回の契約ではチーム名のほかに、ジョニー・ウォーカーとの提携の一部としてマシンカラーリングもブルーとゴールドに変更されるという。世界的なスコッチ・ウイスキーブランドのジョニー・ウォーカーは、現在マクラーレン・ホンダのスポンサーに名を連ねている。
 また同社は、F1マシンへのブランディングとともに、F1からもたらされる重要な技術を市販車事業の研究開発にも活かすことで相乗効果を狙っている。

 フォース・インディアのエンジンサプライヤーを務めるメルセデスは、アストンマーチンの株式を5パーセント所有しており、すでに今回の契約に承認を与えているとみられている。

 チームを率いるビジャイ・マルヤは、今回の件について次のように語っている。
「もし明日、誰かが来て、私にタイトルスポンサーに相当する金額を支払うと申し出るなら、私はチーム名を変更するよ」
「今のところ、それについて話すのは時期尚早だが、我々は交渉している」
「それが完了するまでは何もないよ」

 フォース・インディアのスポークスマンも、次のようにコメントしている。
「私たちは2016年以降に関するフォース・インディアとの商業的な関係について、現行および新しいパートナーといくつか交渉を行っています。適切な時期が来れば、商業パートナーと共に適切な発表をするつもりです。チームの未来は非常に明るいままです」

 フォース・インディアは、チーム名変更の認可を受けるためにF1の商業権保有者に申し出る必要があるが、その手続きは形式的なものになるとみられている。

(オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ