最新ニュース

「バトンの忍耐強さは10点満点で11点!」: 英誌全ドライバー評価アメリカ/メキシコGP編

2015.11.08

photo

©Sutton

フォトギャラリー


photo

©XPB Images

フォトギャラリー


photo

©XPB Images

フォトギャラリー


photo

©Sutton

フォトギャラリー


photo

©LAT

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 英AUTOSPORTが2015年アメリカGPとメキシコGPを戦った全ドライバーを10点満点で評価した。それぞれのレースでひとりずつに満点が与えられ、マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンも高得点の評価を受けた。

【第16戦アメリカGP】最高評価ドライバーは……

 第16戦アメリカGPでは8番グリッドから4位でフィニッシュしたトロロッソのマックス・フェルスタッペンが最高得点である満点を獲得した。

「フェルスタッペンは、ルノーエンジンのトラブルのためにFP3のほとんどを失いながら、見事な走りで予選トップ10に入った。間違いなくアメリカGPのスターだった」と寸評には記されている。

「レースでは最高級のテクニックと絶妙な判断力を発揮、周囲のすべてのマシンと戦い、直線スピードで劣るマシンに乗りながら何度もオーバーテイクを成功させた。4位はトロロッソのマシンが持つ力を上回る結果だ。パーフェクトだった」

 9点の評価を受けたのは5人:ポールポジションから2位でフィニッシュしたニコ・ロズベルグ(「またしても見事な予選。しかし決勝中にミスを犯し、タイトルのチャンスを失った」)、2番グリッドから優勝し、ドライバーズタイトルを決めたルイス・ハミルトン(「ロズベルグを1コーナーでプッシュしたが一時は優勝のチャンスを失ったかに思えた。しかし諦めなかったハミルトンに運が味方した」)、3番グリッドから10位を獲得したダニエル・リカルド(「Q1ではメルセデスを破り、最終的に彼らに続く予選3位に。決勝ではいつもどおり慎重な判断力を維持しつつ積極的に攻めた。ウエットのままなら優勝できたかもしれない」)、13番グリッドから3位獲得のセバスチャン・ベッテル(降格ペナルティを受けながら決勝中に順位を上げ、最終的に2位に迫る位置まで挽回)、11番グリッドから6位を獲得したジェンソン・バトンだった。


【第16戦アメリカGP】マクラーレン・ホンダ勢への評価

 バトンに9点を与えた理由は以下のように記されている。
「フェルナンド・アロンソがアップデート版“フェーズ4”のホンダエンジンを搭載したのに対し、バトンは“フェーズ3”のエンジンを使用。予選ではアロンソに1秒近く遅れを取った。だがそれはバトンがリヤのグリップに苦労したからであり、新エンジンが1周1秒速いわけではない」
「しかしバトンは決勝では、マシンの限界を考えれば素晴らしいレースをしたといっていい。ドライコンディションで懸命に戦ってアロンソに近いペースを発揮、正しい戦略の下に6位を獲得した」

 アロンソは9番グリッドから11位を獲得、8点の評価が与えられている。
「アロンソはホンダの最新仕様“フェーズ4”(15~20馬力向上と思われる)を使用、マクラーレンにとって今季ベストの予選11位を獲得した後、今回は入賞可能だとの考えを示していた」
「しかしスタート直後のターン1でマッサにヒットされてスピン。それでもその後、見事な挽回を果たしたが、終盤にエンジントラブルに見舞われた。それがなければ“奇跡”の5位フィニッシュを達成できたかもしれないと彼は考えている。トラブルはその後、解決したものの、最終ラップ、ターン11出口で体勢を乱したことでリカルドを押さえきれなくなった」


【第17戦メキシコGP】最高評価ドライバーは……

 続くメキシコGPでは10点がポール・トゥ・フィニッシュを成し遂げたロズベルグに与えられた。

「ロズベルグに必要なのは、こういう週末を繰り返すことだ。予選で見事なラップを走り、ハミルトンを押さえて4戦連続のポールを獲得、決勝でも確実なパフォーマンスを見せて今季4勝目を飾った」

「重要な決勝スタートをうまく決め、ハミルトンを押さえ切るのに必要な速さと冷静さを持ってレースを戦った。彼にとって現時点で2015年ベストの走りといっていいだろう」

 続く9点が与えられたのは、4番グリッドから4位を獲得したダニール・クビアトだった。

「週末を通して素晴らしいパフォーマンスを見せた。予選でリカルドに勝ち、それ以上に決勝のパフォーマンスが見事だった。スタートでベッテルをパス、ソフトタイヤでのファーストスティントではリカルドを上回るペースで走った」
「セーフティカーが出動するまでは表彰台が固いとみられたが、リスタートで(バルテリ・)ボッタスに抜かれた。その結果、クビアトにとって最大限の結果とはならなかったが、それでも素晴らしい走りをしたのは間違いない」


【第17戦メキシコGP】マクラーレン・ホンダ勢への評価

 メキシコでマクラーレン・ホンダのアロンソは18番グリッドからスタートしたものの、オープニングラップでエンジントラブルのためにリタイアすることになった。アロンソには7点の評価が与えられた。

「エンジンとギヤボックスを交換したためにグリッドが降格されること、そのために苦しい週末になることは最初から分かっていた。ERSの弱点が大きく響くコースなだけになおさらだ」

「そのため予選でプッシュしても意味はないとアロンソは述べていた。プッシュせずにザウバー1台に勝てたのはなかなかの仕事ぶりだ! しかし決勝は数コーナーを抜けた時点でMGU-Hのトラブルでリタイアとなった」

 バトンは20番グリッドから14位を獲得、評価は7点だった。

「忍耐強さでいえば10点満点で11点をあげたいぐらいだ! プラクティスでエンジントラブルが続き、貴重な走行時間を失ったため、十分な準備ができなかった。ホンダはミスファイアの問題を解決できず、バトンは予選に出走できずに終わった」

「複数のエンジン交換によって70グリッド交換のペナルティを受け、最後尾スタートとなった。さらにマシンのペースが足りないために順位を上げられるチャンスもなかった。フラストレーションのたまる71周の末に彼が勝ち取ったのはマノーの前の位置にすぎなかった」


 英AUTOSPORTによる2015年第16戦アメリカGP/第17戦メキシコGPでの各ドライバーの点数は以下のとおり(10点満点)。

■メルセデス
ルイス・ハミルトン:9点/7点
ニコ・ロズベルグ:9点/10点
■レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド:9点/7点
ダニール・クビアト:7点/9点
■ウイリアムズ
フェリペ・マッサ:6点/6点
バルテリ・ボッタス:6点/8点
■フェラーリ
セバスチャン・ベッテル:9点/4点
キミ・ライコネン:6点/6点
■マクラーレン
フェルナンド・アロンソ:8点/7点
ジェンソン・バトン:9点/7点
■フォース・インディア
ニコ・ヒュルケンベルグ:8点/7点
セルジオ・ペレス:7点/7点
■トロロッソ
マックス・フェルスタッペン:10点/7点
カルロス・サインツJr.:6点/5点
■ロータス
ロマン・グロージャン:7点/7点
パストール・マルドナド:6点/7点
■マノー・マルシャ
ウィル・スティーブンス:6点/6点
アレクサンダー・ロッシ:7点/7点
■ザウバー
マーカス・エリクソン:6点/8点
フェリペ・ナッセ:6点/5点

(オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ