最新ニュース

トッド会長、F1とル・マンのバッティングを謝罪

2015.11.09

photo

©LAT

フォトギャラリー


 FIA会長のジャン・トッドは2016年にアゼルバイジャンにて初開催となるF1ヨーロッパGPとル・マン24時間レースのスケジュールが重なっていることを遺憾に思っている。

 FIAが当初承認したカレンダーではル・マンが6月18〜19日、バクーにて開催されるヨーロッパGPが7月17日と互いに干渉しないスケジュールとなっていた。しかしF1チームからの要望により、8月に4週間の夏季休暇を復活させることにしたため、再考が必要となった。

 9月下旬に発表された最新のF1カレンダーではヨーロッパGP決勝が6月19日となり、ル・マンと同日となっている。フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグは今季ポルシェからニック・タンディやアール・バンバーとル・マン24時間に出場して勝利を飾ったが、来季この栄光を守ることができなくなる。

 トッドができる唯一の補償は、それぞれのレースが違う時間帯に終了するように調整することしかない。ル・マンの開催地とバクーとの間には3時間の時差があるため、これは可能になる。

 トッドは「F1が21戦、フォーミュラEが10戦、WEC(世界耐久選手権)が10戦にWRC(世界ラリー選手権)が14戦となると、カレンダーの調整は非常に難しい。何ひとつ重ならないようにカレンダーを組むことは不可能だ。ル・マン24時間とF1のバッティングについては、時間を調整することしかできない。通常F1のスタートはお昼ごろで、ル・マンは午後3時に終了となる。何人かのドライバーは(ル・マンへの)参戦が不可能になってしまうかもしれない。これ以上の調整ができず、申し訳なく思っている」と述べている。

 F1のカレンダーに最後の調整が入るとすれば、12月上旬に行われる今年最後の世界モータースポーツ評議会のあとに発表されるはずだ。ポルシェはF1のカレンダーが確定しない限り、ヒュルケンベルグの後任を決定しないと明言している。

(Translation:Akane Kofuji/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ