最新ニュース

アロンソ、レッドブルへの供給は「フェアじゃない」

2015.11.14

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 レッドブルのエンジン問題に関して、フェルナンド・アロンソは「僕らに関係のある問題ではない」と語った。レッドブルに対するホンダのパワーユニット供給は、マクラーレンが許可すべきではないとしている。

 レッドブルは現在のパートナーであるルノーとの関係を解消し、メルセデスやフェラーリとの交渉にも失敗。ホンダも来季に向けて選択肢のひとつであった。ただしマクラーレンはレッドブルへの供給を拒否しており、現在のところレッドブルが2016年に搭載するパワーユニットは結局ルノーになるのではないかと報じられている。

 アロンソは、この件について「マクラーレンやホンダが問題の渦中にいるべきではないと思う。これはレッドブルの問題であって、中心にいるのは彼ら自身だ。おそらく彼らは今季のフェラーリのエンジンを求めてはいないだろうから、いまのホンダエンジンだって欲しくはないだろう。これは彼らの問題で、僕らの問題じゃない」と述べている。


 ふたつのチームがホンダを使用すれば、ホンダの開発を後押しすることになるとの見解もあったが、アロンソはマクラーレンとホンダが1シーズン努力した成果を、他チームが得ることは不公平だと感じている。

「自分たちの仕事と、マクラーレン・ホンダの復活という新しいプロジェクトの1年目にチームとして満足している。お互いに助けあってきた。マクラーレンは大いにホンダを助け、ホンダもマクラーレンを大いに助けている。厳しい場面では一致団結してやってきた。両者の関係に緊張があるのではといった噂があちらこちらで聞かれたこともあった。もちろん最後尾だったり、Q1で敗退するようなこともあったけれど、それでも緊張感はとても少なかった」

「今年の仕事には誇りを感じている。ふたつの会社とふたつの文化が、どのように影響しあったか。それは、みんなが想像するより、はるかに良いものだった。他のチームにエンジンと僕らが注ぎ込んだ知識のすべてを渡してしまうというのは(マクラーレンにとって)少しフェアではないかもしれないね」

(Translation:Akane Kofuji/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ