最新ニュース

マノー、ブルツと交渉も代表オファーの事実否定

2015.11.17

 マノー・マルシャは、来季のチームプリンシパルに関してアレクサンダー・ブルツと交渉したことは認めたが、まだ誰にもオファーはしていないと主張している。

 来季からメルセデスのパワーユニットを搭載し、ウイリアムズともテクニカルパートナーシップを再開するなど2016年の大幅なパフォーマンス向上が期待されるマノーだが、最近のチームはテクニカルコンサルタントのボブ・ベル離脱を皮切りに、現スポーティングディレクターのグレーム・ロードンやチームプリンシパルのジョン・ブースも今シーズン限りで離脱。新たに、2009年の「ライ・ゲート」でしばらくF1から離れていた前マクラーレンのスポーティングディレクター、デイブ・ライアンをレーシングディレクターに起用するなど、トップマネジメントの大改革を実施している。

 それに関連し、ブラジルGPの週末には2度のル・マンウイナーで元F1ドライバーのブルツが、マノーF1のチームプリンシパルに就くのではないかとの推測が持ち上がった。

 マノーのチームオーナーであるステファン・フィッツパトリックは、ブルツと交渉を持ったことは認めたが、来季のマノー・メルセデスを率いる候補は他にも数名いると主張している。

「我々はチーム内でその役割について何人かの人々と話し合った」とフィッツパトリック。
「私はアレックスに数回会ったが、最近の噂をはっきりさせるためにも、我々はチームプリンシパルの役割をまだ誰にもオファーはしていない」

 ブルツは今週末にバーレーンで行われるWEC最終戦を最後にレーシングドライバーを引退するが、GPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)の会長職には引き続き留まる見込みだ。

 チームは、アメリカのビジネスマン、タボ・ヘルムンド率いる投資者グループによる買収交渉の事実も明らかになっている。

(オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ