最新ニュース

低迷マクラーレン、30年来のスポンサーを失う。 タグ・ホイヤーがレッドブルへ

2015.11.18

photo

©McLaren

フォトギャラリー


 タグ・ホイヤーがマクラーレンとの30年のスポンサー契約を今季末で終えることを決め、来季に向けてレッドブル・レーシングと契約したことが明らかになった。

 高級時計メーカー、タグ・ホイヤーは1985年からマクラーレンのマシンにブランドロゴを飾って以来、現在まで同チームのサポートを続けてきた。

 しかし現在のタグ・ホイヤーのCEO、ジャン-クロード・ビバーが最近、スイスのL'Hebdo誌のインタビューにおいて、2016年に向けてレッドブルとスポンサー契約を結んだと明言した。

「来季に向けてレッドブル・レーシングと契約を結んだところだ」とビバー氏。
「若く、力強い、やり手のチームだ。タグ・ホイヤーの戦略と完璧に一致する」


 マクラーレンのスポークスマンも、タグ・ホイヤーの離脱を認めた。

「タグ・ホイヤーとのパートナーシップはスポーツの歴史の中で最も大きな成功を収め、長く続いたスポンサーシップのひとつだ」

「30年継続し、その間に両者は共に大成功を収めた」
「アラン・プロスト、アイルトン・セナ、ミカ・ハッキネン、ルイス・ハミルトンといったレース界の伝説のヒーローたちと共にグランプリの勝利を収め、世界タイトルを獲得した」

「レース活動以外の部分では、タグ・ホイヤーとチームの提携により、その時計が高い技術、精密さ、スピードの代名詞として世界的に認識された。この3つはマクラーレンブランドの主要な特徴である」

「従って我々は30年間のパートナーシップの終わりを感謝の気持ちを持って発表する。両者が成功を収めたという満足感を感じている」

「タグ・ホイヤーの親会社LVMHとの関係は、先月発表したシャンドンとの新たなパートナーシップを通して継続する」

 チームは2013年末でタイトルスポンサー、ボーダフォンを失い、その後、ヒューゴ・ボスとの33年にわたる関係も終了、サンタンデールはすでに関与を大幅に縮小している。

 マクラーレンはパワーユニットをホンダにスイッチした今年、成績不振に陥っており、フェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンというチャンピオン経験者を乗せながら、現在ランキング9位に沈んでいる。この状況がチームの財政面に影響することはレーシングディレクターのエリック・ブーリエも認めており、ジョニー・ウォーカーとサンタンデールが今季末でマクラーレンとのスポンサー契約を打ち切る可能性が高いとの報道もなされている。

 レッドブルは現在、時計の製造を扱うカシオとスポンサー契約を結んでいるが、エディフィスブランドによるこのパートナーシップが今後どうなるのかは今のところ不明だ。

(オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ