最新ニュース

ロッシ、インディカー参戦間近だったと振り返る

2015.11.19

 シンガポール戦で念願のF1デビューを果たしたアレクサンダー・ロッシ。契約した5戦の参戦を終えた彼は、今シーズン初めの契約について振り返り、デイル・コイン・レーシングからインディカー参戦間近だったことを認めた。

 2014年にマルシャからF1デビューと一度は発表されたものの、結局マックス・チルトンからシートを奪えず、インディカーへの転向も噂されていたアレクサンダー・ロッシ。GP2を戦いながら、シンガポールでマルシャのシートをゲットし念願のF1レースデビューを飾る。さらに日本、アメリカ、メキシコ、そしてブラジルと合計5戦に参戦していた。

 インディカー参戦が決定的とも言われていたロッシ。念願のF1デビューを果たし昨年末の契約について語った。

「とても、とても困難な2014年だった。自分のオプションとしてGP2はなかったから、4カ月間はとても難しかったよ。心の中では、彼らのためにドライブしたいと思っていたが、チームは十分ではなかったからね」

「F1からのコンタクトはなかったし、F1チームのシートに余裕がなかった。その時点で、11月12月あたりには、インディカーに乗ることを追及していたんだ」とロッシ。

 レーシング・エンジニアリングからのGP2オファーが来る前に、ロッシはデイル・コイン・レーシングと契約の交渉を始めていた。

「1月の最初の週ではデイル・コインのチームとの契約にとても近かったよ。でも、GP2参戦の話が来て、僕たちはヨーロッパに戻ることに決めた。たぶん一週間もかかっていなかったんじゃないかな」

 インディカー参戦から一転しGP2参戦を決めたロッシは、その秋には念願のF1シートを手に入れ、スコット・スピード以来となるアメリカ人F1ドライバーとなった。

 グランプリを経験したロッシは、これまで以上にF1のシートを確保する自信を掴んでいるようだ。

「F1シートを手にするチャンスが今まで以上にあると感じているんだ。どの方向に進むかはまだ決めてないよ。インディカーを見ていても、常にF1が最終的な目標だったからね。もし来季レースシートを手にすることができなかったとしても、今後は分からない。だから僕たちのフォーカスがどこにあるか明確にする必要があるんだ」

(オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ