最新ニュース

フォース・インディア19歳の開発ドライバーを発表

2015.11.20

 フォース・インディアは2016シーズンの新しい開発ドライバーとして19歳のアルフォンソ・セリスを起用、アブダビ合同テストにも参加させると発表した。

 メキシコ出身のセリスは、今季GP3にARTから参戦。表彰台に1回上がり、2ラウンドを残してランキング13位(イタリアは出場せず)。またAVFからフォーミュラ・ルノー3.5にも参戦し、こちらの最高成績は4位でランキング16位だった。

 チームはアブダビでの合同テスト参加を皮切りに、来季は7セッションでセリスを起用する予定。シミュレーターのドライバーも担当することになっている。

 開発ドライバーというポジションで念願のF1チーム入りを果たしたセリスは「レースを始めてからF1に乗るのが夢だった。今回フォース・インディアと一緒に仕事できることが決まり、非常に光栄に思っている」と語っている。

「実際にF1の舞台で戦っているドライバーやエンジニアと非常に近い場所で仕事ができるから、いろいろなことを学ぶ非常に良い機会になると思う。まず初走行となるアブダビは、なんとも言えない気分になるだろうね。僕自身のレースキャリアの中でも重要な瞬間になる。全力でチームのために頑張りたい」と、F1初ドライブが待ちきれない様子だ。

 フォース・インディアのボスであるビジェイ・マリヤは「彼を開発ドライバーとして迎え入れることが決まり、チームも頑張って準備しているところだ。彼にとってはニコ(ヒュルケンベルグ)やセルジオ(ペレス)の近くで働くことで、たくさんのことを学ぶ良い機会になるだろう」と、これからの成長へ期待をかけている。

(Translation:Tomohiro Yoshita/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ