最新ニュース

マクラーレン・ホンダ、首位で1年を締めくくる:ピレリF1タイヤテスト

2015.12.02

photo

©Pirelli

フォトギャラリー


photo

©Pirelli

フォトギャラリー


photo

©Pirelli

フォトギャラリー


photo

©Pirelli

フォトギャラリー


photo

©Pirelli

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 12月1日、ピレリのF1タイヤテストがアブダビのヤス・マリーナ・サーキットで行われ、マクラーレン・ホンダMP4-30をドライブしたストフェル・バンドーンがトップタイムをマークした。

 2015年最終戦の2日後、ピレリタイヤの合同テストが朝9時から12時間にわたって行われた。このテストの主な目的は来季初めて導入されるウルトラソフトのさまざまなバージョン、また新しいコンストラクションを試すこと。チームは新しいパーツのテストやセッティング変更を行うことはできず、タイヤのスペックも知らされずに走る“ブラインドテスト”で、さらにテストは外部に非公開の状態で行われた。

 テストには全10チームが参加。メルセデスはパスカル・ウェーレイン、フェラーリはセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネン、ウイリアムズはバルテリ・ボッタス、レッドブルはダニエル・リカルドとダニール・クビアト、フォース・インディアはアルフォンソ・セリスJr.とニコ・ヒュルケンベルグ、ロータスはジョリオン・パーマー、トロロッソはカルロス・サインツJr.とマックス・フェルスタッペン、ザウバーはアデリー・フォンとマーカス・エリクソン、マクラーレンはバンドーン、マノーはリオ・ハリアントとジョーダン・キングをそれぞれ走らせ、レースドライバー9人を含む全16人が走行を行った。

 まずは全ドライバーが、アブダビGPでチョイスされたスーパーソフトタイヤとソフトタイヤでマシンセットアップの確認のために走行。テスト開始から1時間半後に新ウルトラソフトと新たなコンストラクション(フロントとリヤ)のプロトタイプタイヤのテストがスタートした。ピレリはここに数種のウルトラソフトコンパウンドを持ち込んでおり、最終的にこのうちひとつを来季用に選ぶことになる。プロトタイプタイヤにはサイドウォールにカラーは入れられておらず、その他のタイヤには通常どおりのマーキングがなされていた。

 テストは朝9時にスタートし、夜9時近くまで、ランチブレークなしで行われた。12時間にわたるテストは1日のテストとしてはF1史上最長。


 バンドーンはMP4-30で99周を走行、1分44秒103で、この日参加した16人の中で最速タイムを記録した。バンドーンは走行距離に関しても16人の中で3番手に位置する周回数を走りこんでいる。

 2番手はフェラーリのキミ・ライコネン。ライコネンのタイムはバンドーンと0.353秒差の1分44秒456。3番手にはザウバーのマーカス・エリクソンが1分44秒480で続いた。以下、パーマー(ロータス)、ベッテル(フェラーリ)、ウェーレイン(メルセデス)、リカルド(レッドブル)、フェルスタッペン(トロロッソ)、ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)、ボッタス(ウイリアムズ)、クビアト(レッドブル)、サインツJr.(トロロッソ)、フォン(ザウバー)、セリスJr.(フォース・インディア)、ハリアント(マノー)、キング(マノー)という順だった。

 直前に行われたアブダビGPでのポールポジションタイムはニコ・ロズベルグ(メルセデス)の1分40秒237、レース中のファステストタイムはルイス・ハミルトン(メルセデス)の1分44秒517だった。

 次回はウエットタイヤのテストが、1月25日から26日にポール・リカールで行われる予定となっている。

■ピレリF1タイヤテスト総合タイム結果はこちら

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ