最新ニュース

来季「タイヤ選択」はレース2週間前まで機密に

2015.12.04

photo

©LAT

フォトギャラリー


 2016年シーズンより、3種類から自由に選択できるタイヤの選択肢は、グランプリの2週間前まで機密扱いとなることをピレリが明らかにした。

 12月2日にパリで開かれた世界モータースポーツ評議会において、FIAは2016年にタイヤの選択肢の自由度を広げることを確認。ウルトラソフトが新規導入されることよって、ドライ用のコンパウンドは5種類となり、レース週末を前に選ばれるタイヤは現在の2種類から3種類へと増えることになる。

 この3種類の中からチームは2種類をチョイスするが、チーム内での組み合わせにはバリエーションを持たせることが可能だとピレリが明らかにしており、それぞれのドライバーに異なるタイヤを割り当てることもできる。

 さらにチームはピレリが設定した締切までに、レース期間中に使用するタイヤを決定しなければならない。まずチームはFIAにタイヤの選択肢を伝え、これをFIAがピレリに通達することで、ピレリは製造するタイヤのコンパウンドとセット数を把握できる。それぞれのマシンが、どのタイヤを選択したかについてはレース開催2週間前まで機密扱いとなる。またチームからの通達が締切に間に合わなかった場合は、FIAが代理でタイヤ選択をすることになる。

 タイヤ選択が決定したあとは、現在と同様にFIAがタイヤをバーコードで管理し、ランダムに割り当てられる。

(Translation:Akane Kofuji/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ