最新ニュース

トロロッソ、15年型フェラーリPU搭載を正式発表

2015.12.05

photo

©LAT

フォトギャラリー


 トロロッソが来シーズンはフェラーリの2015年仕様のパワーユニットを搭載することを正式に発表した。

 レッドブルが所有するレッドブル・レーシングとスクーデリア・トロロッソは、現行のサプライヤーであるルノーに今シーズン限りでの契約解消を要求したが、代わりとなる2016年のパワーユニット契約はどのメーカーとも結んでいなかった。

 しかしトロロッソは、2007年から2013年までチームのエンジンパートナーを務めていたフェラーリに供給再開の可能性を打診し、交渉を続けてきた。

 今回の契約は最終戦アブダビGPの週末を前に完了していたとみられているが、正式発表までにはいくつかクリアしなければならないハードルがあった。その最初のハードルが、今月2日にFIAがフェラーリへ2015年仕様のパワーユニットの供給を許可したことでクリアになった。
 現行のレギュレーションでは、パワーユニットマニュファクチャラーが1シーズンに2種類の仕様のユニットを供給することは許されていなかった。
 またFIAは、フェラーリが“4つめのカスタマーチーム”に供給することも許可している。

「再びフェラーリと働けることは素晴らしいことだ」と、チームプリンシパルのフランツ・トストは語っている。
「我々は過去に有益なパートナーシップを築いていたので、再びうまく働けるまでにそう長くはかからないと確信している」

「我々にとって最初のテストまでの準備が非常にタイトであることは間違いないが、我々にはそれにも対処できるチームがある」
「来年、競争力のあるパッケージを達成できると確信しているよ」

「またスクーデリア・トロロッソは、過去2年のルノーの努力に対してもこの場を借りて感謝を申し上げたいと思う」

 今回の声明には、2016年もマックス・フェルスタッペンとカルロス・サインツJr.を引き続き起用することが記されている。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ