最新ニュース

フェラーリの重役、アロンソよりベッテルと絶賛

2015.12.21

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 フェラーリに移籍して、1シーズンを終えたセバスチャン・ベッテル。フェラーリ会長のセルジオ・マルキオンネは、同チームで5年間を過ごしたフェルナンド・アロンソよりも強い絆を築いたとベッテルを賞賛している。

 すでにF1で4度のタイトルを獲得しているベッテルは、2014年の終わりにマクラーレンへ移籍するアロンソと入れ替わりでフェラーリに加入し、すぐさま強い印象を与えた。2015年シーズンにメルセデス以外のドライバーで勝利を挙げたのはベッテルただひとり。優勝3回と表彰台10回を獲得して、ドライバーズランキングでは3位に入った。

 フェラーリ内部からは、ベッテルが新たな役割を受け入れ、スムースにチームのやりかたに馴染んだおかげで、前向きな空気が生まれたとの声が聞かれた。


「アロンソとは5年間をともに過ごしたが、アイデンティティと一体感の点で言えば、彼は1年を過ごしたベッテルより“フェラーリスタ”ではなかった」とマルキオンネは語る。

「毎年12月はじめに開催しているフェラーリのジェスティオーネ・スポルティーバのイベントには、すべての技術者、メカニック、スポンサーとドライバーが参加した。1200人もの観衆の前で、セバスチャンはスピーチのすべてをイタリア語でこなした。もちろん暗記したものではあったが完璧で素晴らしかった。とてもよく準備してくれた」

「非常に正直で、心と愛情のこもった、彼自身を表すようなスピーチだった。まるで、ずっとフェラーリにいた人間であるかのようだった。ベッテルは1年で、とてもフェラーリらしいドライバーになった」

(Translation:Akane Kofuji/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ