最新ニュース

「マクラーレン・ホンダの未来は明るい」の根拠/2015年トピックスまとめ

2015.12.28

photo

©autosport.com

フォトギャラリー


photo

©LAT

フォトギャラリー


photo

©LAT

フォトギャラリー


photo

©Sutton

フォトギャラリー


photo

©Sutton

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 2015年、再び手を携えてF1に参戦した新生マクラーレン・ホンダ。この1年を振り返り、関連トピックスをピックアップする形で、チームの初シーズンを振り返ります。

 伝説のパートナーシップだけあって大きな期待と注目を集めてのデビューとなりましたが、その船出は簡単なものではありませんでした。しかし、問題解決に追われるこの1年、チームメンバーは皆、前向きな気持ちを保って努力し続け、2年目となる2016年には必ずや大きな前進を果たすと断言しています。

 マクラーレン・ホンダにとって、トップを目指すための長期プロジェクトの1年目だった2015年。この1年を大きく10のトピックスに分けて、過去の記事から振り返ってみましょう。

【目次】
─────────────────────
【1】初シーズンの、さまざまな“初まとめ”
【2】トラブルの連鎖止まらず
【3】アロンソ、クラッシュで開幕戦欠場
【4】“戦略的交換”による大量降格
【5】マクラーレン・ホンダがもたらした規則変更
【6】2チーム目へのパワーユニット供給
【7】引退?休養? ドライバーたちの去就
【8】「GP2エンジン!」ドライバーたちに募る苛立ち
【9】ライバルたちも復調を予想
【10】「素晴らしい日々が待ち受けている」。希望と展望
─────────────────────


【1】初シーズンの、さまざまな“初まとめ”

 マクラーレンとホンダが再び手を組んでF1に挑んだ最初の年。苦戦しながらも、マクラーレンMP4-30・ホンダは完走、Q2進出、入賞、ダブル入賞など、さまざまな“初”を達成しました。残念ながら初Q3進出はならず。来年の目標として持ち越しになりました。

・新車発表:
 ホンダ「妥協のない車目指した。性能確認が楽しみ」

・ヘレステストで初走行:
 マクラーレン・ホンダ、初日はトラブルで切り上げ

・初戦オーストラリアで初完走:
 ホンダ「完走は前進。一方で大きな課題も見えた」

・中国で初めて2台そろって完走:
 ホンダ密着:完走では喜べない、見せつけられた差

・バーレーンGPで初めてQ2進出:
 ホンダ密着:Q1突破に貢献したソフトウェアの進化

・モナコで初入賞:
 ホンダ密着:低中速を改善して、計算を超えた喜び

・ハンガリーで初めてダブル入賞&トップ5達成:
 ホンダ「セッティングが奏功。2台入賞に感謝」


【2】トラブルの連鎖止まらず

 プレシーズンテストでの周回数では全チーム中最下位。開幕後も信頼性の問題が続出、クリーンな週末を過ごすことがなかなかできないまま、シーズンを終えることに。トラブルに足を引っ張られながらも、フェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンは、今年をテストの年とみなして努力し続けました。

ホンダ「熱害の問題だったが、原因は把握している」

マクラーレン・ホンダ、トラブルで今後に支障

トラブル続きのアロンソ「信頼性向上が急務」

バトン「予選欠場にがっかり。感触よくなっていた」

アロンソ「小さな奇跡をエンジントラブルが阻んだ」


【3】アロンソ、クラッシュで開幕戦欠場
 シーズンオフテストでアロンソがクラッシュ、ヘリで病院に搬送されるというショッキングな出来事が起こりました。脳震盪による重篤化のリスクを避けるために開幕戦は欠場。健康状態が心配されましたが、第2戦マレーシアで復帰すると、その後は何の影響も感じさせずシーズンを走り切りました。

アロンソがクラッシュ、ヘリで病院へ搬送

アロンソ、脳震盪で入院もけがはなし:チーム発表

密着マクラーレン・ホンダ:奇妙な事故に感電の噂

アロンソの事故原因は“予測不能な突風”と結論

アロンソ開幕戦を欠場。重篤化リスク回避のため

アロンソの「ドラマチックな記憶喪失」報道が否定


【4】“戦略的交換”による大量降格
 2015年のF1ではパワーユニットのエレメントはそれぞれ4つまでしか使用できず、5つ目以降を使用するとグリッド降格ペナルティを受けるという規定。しかしトラブルが続くマクラーレン・ホンダはシーズン中盤のオーストリアで早くも25グリッド降格を科されることに。当初の規則では降格で消化しきれない場合は決勝中にタイムペナルティも受けなければなりませんでしたが、ファンにとってこういった規則は分かりづらいとしてシーズン中に変更され、最大でも最後尾までの降格にとどめられることになりました。
 その後、この規則を利用する形で、1回の週末の間にいくつか新しいPUをおろしてストックを作るという、“戦略的交換”がしばしば行われることになりました。

マクラーレン・ホンダ、合計105グリッド降格が決定

ホンダ密着:戦略的な交換で、想定外トラブル発生

バトンが新PU初搭載。戦略的交換で2台が大量降格へ

マクラーレン「計3基のPU搭載。メカニックに感謝」


【5】マクラーレン・ホンダがもたらした規則変更

 前述のPUエレメント交換によるペナルティ規則もそうですが、他にもホンダ(やルノー)を考慮して変更された規則が。優勢メルセデスとフェラーリに追いつく余地を与えるため、来年もシーズン中の開発を行えるよう、レギュレーションが変更されています。

ホンダのシーズン中開発が許可。範囲は「他社の平均」

マクラーレン「規則再考を。王者が最後尾は悲しい」

ホンダへの1基追加&PUペナルティ変更が正式決定

PU規則変更。シーズン中開発認めトークン数引上げ

PU新規則案に3基制限。MGU-H廃止はホンダが反対


【6】2チーム目へのパワーユニット供給
 マクラーレンとワークスパートナー契約を結んでいるホンダですが、いずれは他のチームにも供給したいとの考えを示しています。今年ルノーとの関係に亀裂が入ったレッドブル陣営と契約する可能性も浮上しましたが、ホンダを独占したいCEOロン・デニスがこれをブロック。しかしバーニー・エクレストンは、ホンダが将来的には他のチームにも提供することを望んでいます。

ホンダ、新チームへのパワーユニット供給を希望

GP直送:マノー、ホンダ変更説には「ノーコメント」

ホンダがトロロッソへの供給を否定。RB陣営の将来は?」

レッドブル・ホンダを阻む理由をマクラーレン語る「我々だけの特権」

ホンダの次なる供給先に、ザウバーの噂が浮上


【7】引退?休養? ドライバーたちの去就
 日本GP直前にバトンが引退するという報道がヨーロッパで盛り上がりました。鈴鹿で引退発表という説も流れましたが、結局10月に残留が発表。
 その後、ロン・デニスの発言から、アロンソが来年休養するかもしれない、と騒がれる事態に。これはアロンソも発言したデニスも即座に否定しています。
 来年もレースドライバーに変更なしということで、マクラーレン傘下のストフェル・バンドーンはF1昇格を諦め、スーパーフォーミュラ参戦を検討、テストに参加しました。

引退説のバトン「決断は下した」WECに転身との報道も

バトン、オリジナルの契約条件でマクラーレンに残留

アロンソ、引退/休養説を完全否定「来年に希望を持ちたい」

アロンソ、進歩を確信も2年後のプランは白紙

バンドーンのSF参戦決定は間近との報道


【8】ドライバーたちに募る苛立ち
 きつい状況のなかで前向きに努力し続けているアロンソとバトンですが、後半戦になってくると、時々苛立ちを示すようになりました。一番大きく取り上げられたのはアロンソの「GP2エンジン」発言。そうはいってもふたりとも腐ることなく来年へのモチベーションを高く持ち続けています。

バトン「これほど怖いクルマに乗ったのは初めて」

アロンソ「別カテゴリーのように抜かれ恥ずかしい」

【決勝無線メモ】「GP2エンジンだ! アーッ!!」

アロンソのGP2発言に、新井氏「当然だと思います」

アロンソ「こんな時に他にどんな顔をすればいい?」

アロンソ「“GP2発言”がチームの改革を促した」

バトン「僕らはまるで鎧も刀も持たないサムライ」


【9】ライバルたちも復調を予想
 予選Q2に進出するのも入賞圏内に入るのも難しかった今年のマクラーレン・ホンダですが、いずれはトップ争いに加わってくるとライバルたちは考えています。

「2年後のホンダは強敵に」メルセデスが断言

ニューエイ、来季ホンダを恐れる「大きく進歩するはず」

「マクラーレンは侮れない」とライバル

「マクラーレン・ホンダとアロンソは王座に就く」とベルガー


【10】「素晴らしい日々が待ち受けている」。2016年以降への希望と展望
 いずれトップの位置に戻る、というのはマクラーレン・ホンダ自体も繰り返し述べていること。シーズン前半言及していた、多少楽観的すぎる目標を達成することはできませんでしたが、それでも向上しているのは確かであると、彼らは常に強調し、2016年は大きく進歩すると断言しています。最近、ロン・デニスはアロンソの今後に関して聞かれ、「素晴らしい年月が彼を待ち受けている」と答え、共に成功を収めると発言しました。
 彼らのそういった自信がどこから来るのか、以下にまとめた記事をご覧いただければ多少は伝わってくるかもしれません。2年目の新生マクラーレン・ホンダがどのような活躍を見せてくれるのか、期待を持って見守っていきたいと思います。

アロンソの苦難は長くは続かない とマクラーレン

マクラーレン・ホンダ「最悪の時期は乗り越えた」

ホンダ「“サイズゼロ”を極めレイアウトを変更」

マクラーレン「最終戦の明るい兆候」支えに奮闘中

マクラーレン「強力な人材が加入、技術体制向上」スタッフ流出に懸念なし

ホンダ「リソース&マンパワー拡充で好結果を」 ライバルのノウハウ取得か

アロンソが「2.5秒速くなる」と断言する根拠

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ