最新ニュース

今宮純によるF1パラドックス総括・逆襲への提言

2015.12.30

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


photo

©XPB Images

フォトギャラリー


photo

©XPB Images

フォトギャラリー


他の写真も表示 全3枚最初の1枚

「ドライバー採点」「アフター・ザ・レース」などでおなじみの今宮純氏による、ここでしか読めない2015年F1総集編シリーズ。完結編となる第3回は、F1速報web会員限定コンテンツとしての書きおろし。チーム編として「勝者」と「敗者」を取り上げる。

------------------------------------------

ドイツ独裁時代を担う、メルセデスの最強システム

 誤解を恐れずに言うとF1界では「ドイツ独裁」が、ずっと続いている。彼らが造るエンジン、彼らのドライバー、彼らのチームが1998年から18シーズンのほとんどを制してきた。

 1998、1999年はマクラーレンと組みメルセデス・パワーが連覇(ミカ・ハッキネン)。2000年から2004年は皇帝ミハエル・シューマッハーがフェラーリで席巻。2008年に再びマクラーレンとともにメルセデスが反撃(ルイス・ハミルトン)。2009年にはホンダ撤退後のブラウンGPにメルセデスが手を差しのべて初王座(ジェンソン・バトン)。2010年から2013年は、シューマッハーの後継者を自認するセバスチャン・ベッテルがレッドブル・ルノーで4連覇。そして2014年の新パワーユニット時代から満を持してメルセデス・チームが38戦32勝(実に勝率84%!)。エンジン技術力→ドライバー権力→チーム総合力、今年も彼らはF1界を牛耳った。

 ドライバー9冠、エンジン6冠、チーム2冠、ドイツ勢が取りこぼしたのは2005、2006、2007年だけだ。こうしてみると近代F1はドイツのドイツによるドイツのためにあるとさえ思える。しかし2015年、伝統のニュルブルクリンク、ドイツGPは消えた。強くても母国凱旋の場がない王者メルセデスの不幸な現実──。

 一昨年ホッケンハイムのドイツGP、決勝日の公称観客数は5万5000人。この国のF1熱量はシューマッハー全盛期にピークに達してしまい、その後のベッテルやニコ・ロズベルグでは、もう燃えないのだろうか。独走メルセデスは強すぎて飽きられているのか。

続きはF1速報有料サイトでご覧ください


「チーム代表のウォルフの功績」
「実戦テストに終始したホンダ」

(今宮 純/Jyun Imamiya)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ