最新ニュース

フェラーリ「レッドブルへの供給は脅威になる」

2015.12.31

photo

©LAT

フォトギャラリー


 レッドブルへのエンジン供給を拒んだのは、チームの競争力を『危うくする』可能性があるからだと、フェラーリ会長のセルジオ・マルキオンネが明かした。

 レッドブルはルノーとの契約を解消した当初、彼らに代わるパワーユニットのサプライヤーを必要としていた。2016年に向けてはメルセデスとの契約が合意に至ると考えられていたが、これは失敗に終わった。
 一方、フェラーリとしては、レッドブルとの提携を検討していたという。レッドブルは最終的にルノーと合意に達したが、タグホイヤー・バッヂとして同社のPU使用を継続することが決定する以前に、ホンダとのタイアップもマクラーレン側から拒否されていた。

 マルキオンネは、フェラーリの決定の背後にどのような理由があったのかと質問されると、「チームが勝利を得るために、できる限り最高のポジションにつけることを優先事項としており、レッドブルへの供給はこれを脅かす可能性があった」と述べ、次のように続けた。

「我々の構造の中にある不確定要素に対処する必要があったし、技術的な差を埋めるための作業もしなければならなかった」
「技術的に優れたシャシー設計ができる競合チームに、同等のパフォーマンスのパワーユニットを提供するとなると、それはフェラーリの持つ競争力にとっての脅威となる」

「私の義務はフェラーリをサポートし、守ることだ。レッドブルと共にメルセデスを打ち負かすことに興味はない」
「もし誰かが『フェラーリのエンジンを使えば、一緒にメルセデスを倒せる』と言ったところで、その議論に興味はない。私はフェラーリを勝たせたいのだ」

「レッドブルに能力があることは知っている。彼らはタイトルを獲得し、セバスチャン・ベッテルと共に我々を打ち破った」

 フェラーリは現在ザウバーとマノーにPUを供給しており、6月の時点でマルキオンネはレッドブルにも「喜んで」提供すると発言していた。しかし何億もの資金を投入してエンジンを開発し、それをレッドブルに僅かな額で提供して負かされることには納得がいかないと言う。

「レッドブルを見ると、シャシー開発に多額の投資をしている。そこへ我々が、彼らの支払う額を上回る資金で開発したパワーユニットを提供するのでは、コース上で不公平なことが起きていることになる。そんなことに興味は持てない」

(Translation:Akane Kofuji/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ