最新ニュース

バトン「フェラーリの改善はホンダにとっても希望」

2015.12.31

photo

©LAT

フォトギャラリー


 マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンは、昨年冬にフェラーリのみせた進歩が、今年飛躍を目指すホンダにとっていい参考になると感じている。

 パワーユニット規定が導入された2014シーズン、フェラーリはわずか2度の表彰台に留まったが、今年はメルセデスに最も近い位置につけ、セバスチャン・ベッテルが3勝をマーク。昨年と比べても2倍近いポイントを獲得した。

 一方、今年F1に復帰したホンダはパワーユニットの信頼性とパワー不足に悩まされ、かなりの苦戦を強いられてしまった。しかしながらバトンは、今年のフェラーリが前進への方法を示してくれているという。

「彼ら(フェラーリ)のペースの回復ぶりは素晴らしかった」
「噂では、冬の間に100馬力近い向上を見出したらしい。実際に本当かどうかはわからないが、彼らは何かを見つけて様々な場面でメルセデスと戦うことができた。素晴らしかったね」

「我々がそのようなことを達成するにはさらに大きなステップが必要だ。でも、それは冬の間にできると思っているよ」

 バトンは、マクラーレン・ホンダのパートナーシップ再開による運営上の問題点を拭い去さらなければならないという。

「両者それぞれが問題を抱えていると思う」とバトン。
「ホンダだけが全ての非難を受けるべきじゃないし、他にも問題があると思う。今年、僕らはたくさんの問題を抱えた。だが出来る限り早く解決しなければならないんだ。来シーズンはすぐそこまで来ているからね」

「おそらく我々にとって長く、大変な冬になると思う。だけど、それと同時にエキサイティングなものにもなるだろう」

(Translation:Tomohiro Yoshita/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ