最新ニュース

記憶に残る無線セレクション2015後編「あれ合法?」

2015.12.31

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


photo

©XPB Images

フォトギャラリー


photo

©XPB Images

フォトギャラリー


photo

©XPB Images

フォトギャラリー


photo

©XPB Images

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 ドライバーとチームが無線で交わした会話から、2015年のF1グランプリを振り返る年末スペシャル企画。今シーズンを象徴する言葉、日常生活でも使ってみたい言葉など、記憶に残った言葉を選び抜き、時系列でプレイバック。後編も語り継がれていきそうな「名言」が続きます。

・・・・・・・・・

【第13戦シンガポールGP】マックス・フェルスタッペン → 「ノー!」

 レース終盤、フェルスタッペンの背後にはフレッシュなスーパーソフトタイヤを履いたチームメイトのカルロス・サインツJr.が迫っていた。チームは前を行くセルジオ・ペレス攻略を視野に入れて、フェルスタッペンに「ポジションをスワップしてくれ」と無線を入れたが、フェルスタッペンは断固拒否。レースエンジニアのセビ・プホラルは「マックス、とにかくそうしてくれ」「行かせる必要がある、ポジションを入れ替えろ。カルロスにペレスをパスするチャンスを与える」と再三に渡って語りかけたが、フェルスタッペンは応じなかった。レース後、「十分に接近していなかったのだから、譲らなくて当然だ」と言い切ったフェルスタッペン。思い切りの良いオーバーテイクで評価されたルーキーは、負けん気の強さも相当なものだ。なおメキシコGPでは、サインツJr.がチームの指示どおりフェルスタッペンを前に行かせる場面があり、チーム内にしこりは残っていないようだ。

【第14戦シンガポールGP】フェルナンド・アロンソ → 「GP2エンジン!!」

 2015年シーズン最も知られた無線交信といっても過言ではないだろう。アロンソの発言、ここで取り上げないわけにはいかない。ホンダの地元でパワーユニットへの辛辣な批判ともとれる発言だが、チーム内では、あわてることも怒ることもなく冷静に受け止められていた。常日頃からアロンソは車体にもパワーユニットにも厳しい指摘をしており、お互いに腹を割って話せる間柄を築いているからだ。鈴鹿のレース序盤には「氷の上を走っているみたいだ。ストレートでGP2みたいに抜かれている。すごく恥ずかしいよ。でも、僕はベストを尽くす」と訴えていたアロンソ。パワーだけでなくグリップも不足していて、かなり厳しい状況にあったことが感じられる。


【第15戦ロシアGP】バルテリ・ボッタス → 「いったい何をやってるんだ!」

 もの静かなボッタスが、放送禁止用語を交えてキミ・ライコネンを詰った。ロシアGPの最終ラップにインを突かれて接触、表彰台を失ってしまったのだから苛立ちは察してあまりある。なお1ストップ作戦に耐えながら3番手を走っていたセルジオ・ペレスは、フロントタイヤをマネージする必要がある」とレースエンジニアのティム・ライトに指示されても「これ以上できないくらいやってるよ!」という状況。その情報を知らされたボッタスはダニエル・リカルドをパスして、さらにペレスに襲いかかる。ボッタスは残り2周の時点で「1周だけモード1を使ってもいいぞ」と許されてフルパワーでペレスを攻略。後ろを走るライコネンも、すかさずペレスを抜いてボッタスの背後にへばりつく。そのまま最終ラップに突入、ライコネンのレースエンジニアのデイブ・グリーンウッドは「ラストラップ、オール・オア・ナッシングだ!」と賭けに出ることを示唆した。その直後に起きた、ボッタスとの接触。ライコネンには30秒加算の重いペナルティが科せられた。結局3位はペレスのもとに転がり込むことになったのだ。

【第16戦アメリカGP】キミ・ライコネン → 「あのガキのやりかたは合法なのか?」

 歯に衣着せないライコネンは、無線でもたびたび“名言”を残す。オースティンではフェルスタッペンの度を超したブロックに「あのガキが何度も僕を押し出そうとした。横に並んで仕掛けるたびにやるんだ。あれは合法なのか? それなら僕も同じようにやる」と宣言。しかし、クリーンなバトルを好むライコネンとしては、やり返すという意図はなく「あくまでレギュレーションを明確にしておきたかっただけだ」と語っている。モナコGPではレース終盤にリカルドと接触して抜かれ「ライン上から押し出したんだ! あれでペナルティが出ないなら何がペナルティなんだ!」と強く訴える場面もあった。若手の無謀なドライビングに対して、怒るときは怒る。


【第16戦アメリカGP】ルイス・ハミルトン ← 「3度目のワールドチャンピオン、どんな響きだ?」

 アメリカから、もうひとつ。劇的な展開で逆転勝利を果たし、3度目のワールドチャンピオンを決めたハミルトンに「ルイス、やったぞ! ワールドチャンピオンだ! ワールドチャンピオン!」とエンジニアのピーター・ボニントンが興奮気味に激励の言葉をかける。続けてパディ・ロウから「3度目のワールドチャンピオン、どんな響きだ?」と言われたハミルトンから答えはなく、嗚咽する声だけが聞こえてきた。しばらくして、ようやく「僕の人生で本当に素晴らしい瞬間だよ。みんな、本当にありがとう。家族のみんなも愛しているよ」と感謝の言葉を述べたハミルトン。「(ドーナツターンで)クルマにダメージを与えないように気をつけろ、来週もレースがあるんだからな」と注意されたが、もちろん守るようなハミルトンではなく、しっかりと観客席の前でドーナツターン……。このあと終盤で3連勝を果たしたニコ・ロズベルグも「パディ、ドーナツやってもいい? やりたいんだ」と懇願して「1回だけだよ」と許しを得た。やっぱり、みんなドーナツは大好きらしい。

【第19戦アブダビGP】セバスチャン・ベッテル → 「ハッピーバースデー♪」

 最後にクイズを。2015年、無線で2回も歌を歌ったドライバーは誰でしょう? すでに見出しで明かしてしまったように、答えはベッテルだ。アブダビGPのフリー走行2回目で突然「今朝、忘れていたよ」と言い、「何のこと?」と聞き返すレースエンジニアのリカルド・アダミに向けて「ハッピーバースデー、リッキー!」と、ドライビングしながら、お祝いの歌を1コーラスまるまる独唱! シンガポールGPで今季3勝目を挙げたときには、イタリア語でチームスタッフたちに感謝の言葉を述べるだけでなく、イタリア国歌を歌って聴かせた。無線で歌うというのは珍しいことで、ベッテルの人なつっこく陽気な性格を表わしていると言えるが、ちょっぴり音程が気になる……というところで、2015年を締めくくりたい。

(米家峰起/Mineoki Yoneya)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ