最新ニュース

「マクラーレンには2秒改善の論理的解決策がある」

2016.01.03

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 フェルナンド・アロンソは、マクラーレン・ホンダが2016シーズンに向けて彼らのパフォーマンスを2秒以上改善できる「論理的な解決策」を持っていることを明らかにした。

 2015年のマクラーレン・ホンダは、1年を通してパワー不足と相次ぐトラブルに悩まされ、常に中段より後方のポジションに沈んだ。ホンダのV6パワーユニットはライバルと比べ回生エネルギーが十分ではなく、アロンソと僚友のジェンソン・バトンはストレートスピードで大きく苦戦を強いられてしまった。

 昨年10月にアロンソは、「冬の間に2秒を改善し、上位陣とのギャップを縮めることが出来る」と主張。彼はシーズン後もその意見に変わりはなく「比較的、それ以上の改善になると思う」と述べた。

 アロンソは改善が“あらゆる所”から来るという。
「シーズンを通して、いくつかのパーツを最適化することが出来なかった」
「僕たちのマシンのどこが強みかは明確になっているし、それをもう少し引き出していく必要がある」
「パワーユニットが一番の制限になっていたことは理解している。だからマシンのデザインや哲学に関して2016シーズンは大きく変更はしない」

「ライバルと比較してストレートスピードが不足していたのは分かっている。もし我々の解決策が全て機能すれば、ラップタイムは大幅に改善される」
「この解決策は論理的で非常に良いものだ。2016年は全く違う展開になると思うから、モチベーションもとても高く保てている」

「我々は難しい時間を過ごした。だけど、そこから学ぶことができたと思っている」
「団結し調和もとれている。これはポジティブなことだ。ネガティブなのは結果だけだった」

 アロンソは全てのフィールドがよくなることを認め、2016シーズン開幕時にはマクラーレンのポテンシャルがさらに改善されると信じている。

「みんなが来年に向け0.5秒〜1秒はよくなる。約2秒劣っていた僕らは、その0.5〜1秒以上の改善をしなければならない」
「可能性の鍵を開く肝心な要素はパワーユニットになるだろう」

(Translation:Tomohiro Yoshita/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ