最新ニュース

バルディセッリ、ストロールと共に跳ね馬を離脱

2016.01.05

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 フェラーリの元スポーティングディレクター、ルカ・バルディセッリが跳ね馬を離れ、新たにウイリアムズの開発ドライバーに就いたランス・ストロールの指導に専念することになった。

 バルディセッリはマラネロでミハエル・シューマッハーのレースエンジニアを務めた経歴を持ち、最近ではスクーデリアの若手育成プログラム、フェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)を指揮していた。ストロールもカート時代の11歳から同プログラムに参加している。

 そのFDAはこの冬からマッシモ・リボラに引き継がれることになり、17歳になったストロールも開発ドライバーとしてウイリアムズへ移ることが決まっている。
 バルディセッリはウイリアムズとともにストロールを監督する立場となり、プレマパワーから引き続き参戦予定のF3ヨーロッパ選手権にも関わっていくことになるという。

「ルカはウイリアムズと密接な関係になり、特にプレマでは僕らみんなが素晴らしい仕事ができるようにサポートしてくれるだろう」とスロトール。
「彼がいることは僕らにとって非常に重要なことだ。彼と働き続けることができるのは素晴らしいことだよ」

「僕がフェラーリのプログラムに参加することを決めたのが彼で、非常に若い時からずっとそばにいてくれた」
「彼はチームとドライバーの間で何が起きているのかを見極めるのが非常に得意なんだ。普段は何も言わないが、発言する際はとても良いことを言ってくれる」

 カナダ出身のストロールは、ウイリアムズで1997年にワールドチャンピオンに輝いた同郷出身のジャック・ビルヌーブのようになりたいと意気込んでいる。

「ビルヌーブの名前はカナダのモータースポーツでは偉大だ」
「ジルとジャックはどちらも素晴らしいドライバーで、特にジャックの足跡に続くことは素晴らしいことだ」

(Translation:Tomohiro Yoshita/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ