最新ニュース

ライコネン「ティルケのコースはどれも皆同じ」

2016.01.05

photo

©LAT

フォトギャラリー


 フェラーリのキミ・ライコネンは、新たに作られるサーキットはすべてほぼ同じであり、自分は昔からあるサーキットの方が好きだと語った。近年はF1サーキットのデザインはすべてヘルマン・ティルケが手がけている。

 ティルケはセパン、バーレーン、上海、イスタンブール、マリーナベイ、ヤスマリーナ、韓国、サーキット・オブ・ジ・アメリカズ、ブッダ、ソチなどのコースをデザインしている。また、2016年に初開催されるアゼルバイジャン バクーの公道サーキットのデザインも担当している。

「新しいサーキットはどれもほとんど同じだ。だって同じ人間がデザインしているんだから」とライコネンが語ったとTurun Sanomatが伝えた。

「悪いサーキットと言っているわけじゃない。ただ、ほとんど同じなんだ」

「僕は古くからある、伝統的なコースで走るのが好きだ。例えばマニ-クールは大好きだね。人が多すぎなくて静かだし。サーキットの中でベストのレベルに入る」
「トルコ(イスタンブールパーク)はいいコースだった。イモラもベストのひとつだった。いつも素晴らしい雰囲気に包まれていたし、かなりチャレンジングだった」

「新しいコースに行っても、何が起こるのか予想がついてしまう。全く同じだからだ」
「もちろんコースはそれぞれ多少は違う。コーナーもそれぞれ少し違っている。でも結局のところ、新しいコースはすべて“ティルケコーナー”でできているんだ」

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ