最新ニュース

16年型『STR11』はロングホイールベース採用か

2016.01.05

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 2016年からフェラーリの旧型パワーユニットを搭載するトロロッソは、これまでより長いホイールベースを採用することになるという。

 トロロッソの2016年型マシン『STR11』は、来季、ルノーに代わるパワーユニットとして2015年仕様のフェラーリ製パワーユニットを搭載することになっているが、マラネロとの正式合意が12月にずれ込んだため、現在24時間体制でニューマシンの開発を急いでいる。

 しかしながら、2月下旬に新車発表を計画しているチームには、ルノーからフェラーリにスイッチする上でひとつ取り組まならなければならない課題があるという。それは、昨年大幅なパフォーマンスの向上に成功した『060/4』パワーユニットおよびギヤボックスのコンセプトがエンジン後部にMGU-Kを収めるスペースを要求していることだ。

 Motorsport.comは、これへの対応策としてトロロッソSTR11のホイールベース拡大を指摘。ノーズに関してはルノー製PUを搭載していたSTR10と同様に短いものになると報じている。

 現在、このトロロッソ・フェラーリSTR11はチームの風洞に近い、イギリスのオックスフォードシャーにあるバイチェスターの新ファクトリーで開発されており、古いファクトリーには以前レッドブルが使用していたシミュレーターのアップグレード版が置かれることになっている。

 チームは来月上旬にイタリア・ミラノのボッラーテでクラッシュテストを実施する見込みだ。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ