最新ニュース

フェラーリ「ハースはBチーム」との風評に困惑

2016.01.06

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 フェラーリのセルジオ・マルキオンネ会長は、ハースF1チームとの提携に「技術パートナーシップ以上の意味はない」と語っている。

 ハースはフェラーリから多くのパーツ提供を受ける上に、風洞設備と最新スペックエンジンの供給が約束されている。このことから、ハースは実質的にフェラーリのBチームになるのではと懸念されていたが、マルキオンネはこの見解に反論している。

「我々は新規チームの参入を手助けするための、技術的ソリューションの提供者だ。ハースと提携し、技術的なサポートを提供できることを、うれしく思っている。ただし、彼らのためなら何でもしてやるといったような癒着関係ではなく、同等のチームとして見なす必要がある。それ以上の深読みはやめてもらいたい」

 ハースは来季、ロマン・グロージャンとエステバン・グティエレスをドライバーに迎えることになっており、ふたりが将来的にフェラーリのシートを争うとき有利になるのではと囁かれている。しかし、マルキオンネはドライバーの移籍に関して議論するには時期尚早であると主張する。

「グロージャンについて言えば、よい印象を持っているし、レースも見てきているが、彼自身のことは何も知らないに等しい。ドライバーの将来を議論するには早すぎるし、不適切だ。我々はセバスチャン(ベッテル)とキミ(ライコネン)との契約に満足している」

「現在のラインナップを継続するかどうかは来季を見て、シーズン終盤に決定する。それには議論が必要だ。まだ始まってもいないじゃないか。2016年の体制には満足しているよ」

(Translation:Akane Kofuji/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ