最新ニュース

F1開催数増加のメリット・デメリット: アロンソ&バトンが語る

2016.01.07

photo

©LAT

フォトギャラリー


 2016年F1は史上最多の21戦開催となる。マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンは、ドライバーにとってはレース数が増えても全く問題ないが、メカニックなどチームスタッフのことを考えるとタイトなスケジュールが心配だと述べている。

 FIAは昨年12月、2016年カレンダーを正式に承認、3月20日のオーストラリアGPから11月27日のアブダビGPまで約8カ月の間に21戦を開催することを明らかにした。21戦は史上最多開催数で、2週連続開催はカナダとアゼルバイジャン、オーストリアとイギリス、ハンガリーとドイツ、ベルギーとイタリア、マレーシアと日本、アメリカとメキシコの6回におよび、7月と10月はそれぞれ4回グランプリが開催されるという、超過密スケジュールとなっている。

 バトンはドライバーとしてはレースが増えることは歓迎だが、チームスタッフにとっては過酷な状況だと語った。

「僕はレースが好きだからいいんだ。毎週末レースがあればいいと思っている」とバトン。
「でもメカニックたちの労働時間は長い。自宅を離れて長い時間を過ごさなければならないことを考えると、21戦はきついと思う」
「2017年にはレース数がこれ以上増えないことを願うよ。すでにもう多すぎる」

 これ以上レース数が増えれば職を辞するスタッフが出てくるとバトンは予想している。

「2016年の開幕戦は例年より遅くなるので、その分、2週連続開催が増える。皆、2週間も自宅を離れて過ごさなければならないんだ。これはきついよ」

「F1のあり方が変わってしまわないことを願う。レースチームのスタッフが減るだろうね。新しいメンバーが入ってくるのだろうが、気心の知れたメンバーと長年一緒に働いてきて、今とてもいい雰囲気だから残念だよ」


 伝統あるサーキットでの開催が減り、ヨーロッパ以外のグランプリが増えていること、レース開催数が増加していることに関して、フェルナンド・アロンソは、それがF1が選んだ道であり、メリットはあると語った。

「僕らにとっては結局は何も変わらない。長年レースをしてきたサーキット、たとえばイモラ、マニ-クール、イスタンブールは伝統あるいいサーキットだし、そういった場所で走るのは楽しい」とアロンソ。

「一方、新しい国に行くと、新しい人々、新しい世代にF1を紹介することになる。それもまたいいものだ」

「最近はレース数が増えつつある。僕がF1を始めたころは年間16戦だった。今は21戦が予定され、その大半がヨーロッパ以外で行われる。移動と準備の意味では昔より過酷になっている。でもF1はそういう方向性を選んだのだし、F1を新しい国に紹介できるというメリットもある。それはいいことだと僕は思う」

(オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ