最新ニュース

マッサ「上位で争えなければF1引退も覚悟」

2016.01.07

photo

©LAT

フォトギャラリー


 フェリペ・マッサは、ウイリアムズとの契約最終年を迎える2016シーズンに「プレッシャーはない」と語っている。

 2014年にウイリアムズに加入したマッサは、メルセデスのパワーユニットを得て大幅にパフォーマンスを上げたFW36と共に再びトップコンテンダーの仲間入りを果たし、この2シーズンで5度の表彰台を獲得。昨年も期待の若手バルテリ・ボッタスにわずか15ポイント差のランキング6位で終え、チームを2年連続コンストラクターズ3位に導いた。

 今年35歳になるマッサは、ウイリアムズのアットホームな雰囲気が2016年以降の残留を納得させる要素になるが、真のファクターはウイリアムズがビッグチームと戦えるかどうかにかかっているという。

「(2016年に)プレッシャーはない」と、マッサがF1iに語っている。
「新シーズンの開幕後まで少し待たなければならないけどね。うまくいけば、いいスタートを切っていいシーズンを過ごすことができるだろうし、何をすべきか決定できるだろう」
「2017年はすべてが変わる。したがって残留するのもいいことだが、それを決めるにはオプションの行方を見定める時間を必要とするだろう」
「たとえウイリアムズのような素晴らしいチームであっても、残留するかどうかかは分からない。少し時間がかかるね」

 マッサは、革新的な新テクニカルレギュレーションがF1を続ける魅力になる一方、上位で争うことができなければF1から引退する覚悟があるという。

「最初に考えるのはコンペティティブなマシンとそれを与えてくれるチームがあるがどうかだ」
「そうでなければ、おそらくそうする(引退する)時だろう。わからないけどね」

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ