最新ニュース

「ルノー製PUは2014年より進歩」とマルドナド

2016.01.08

photo

©LAT

フォトギャラリー


 パストール・マルドナードは、2016年に再び搭載するルノーのパワーユニットについて、多くのトラブルで苦しんだ2014年よりも遥かに問題は少ないだろうと語った。

 新しいエンジン規定が導入された2014シーズン、ルノーのPUに苦しめられたロータスは翌年からメルセデス製PUにスイッチし、よりコンペティティブなシーズンを過ごした。
 しかし先月、ロータスがルノーに買収されたことで、マルドナドは再びルノーのPUを搭載することになったが、それでも彼は一昨年から比べればルノー製PUは進歩したと確信している。

 マルドナドは「僕はチームとともに過去の経験をがあるからルノーと迎える新しいシーズンはとても興味深いアプローチになると思う」と述べ、次のように続けた。

「もちろん、すごく簡単にいくという訳ではない。成功させるために積み上げていかなければいけないものもある」
「だけど、ルノーはそれを実現させていくためのベストな方向性を持っている」

「たとえ、きちんと機能していなかったとしても、我々には過去にルノーエンジンで戦った経験がある」
「どこに問題があったのか、なぜダメだったのかを我々は知っている。だから、前回よりかはうまくアプローチしていけるだろう」

 ルノーワークス復活に向け、ロータスとルノーの間で話し合いが進んでいた間は思うようなマシン開発ができなかったが、マルドナードとファクトリーに残されたスタッフは昨シーズン抱えていた問題を回避できると見込んでいる。

 マルドナードは改めて2015年を振り返って「とてもタフだった」と認めた。

「財政的な面で計画通りではなかった」
「でもシーズンの終わりには、クルマに触れることなくポイントを獲得するレースを見せられた。これはファクトリーとトラック両面で我々が素晴らしい仕事をしたからだと思う」

「新しいパーツを投入せず、シーズンを通してスピードとパフォーマンスを維持するのは難しいことだった」
「パーツのデザインはいつも準備できていたが、必ずしも製作することはできなかった」

「フォース・インディアのように序盤は我々の後につけていたチームが、その後明らかな前進をみせ、我々よりパフォーマンスの優れたマシンを手にしていた」

(Translation:Tomohiro Yoshita/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ