最新ニュース

ニュルブルクリンク、17年F1に財政面で明るい兆し

2016.01.08

photo

©LAT

フォトギャラリー


 ニュルブルクリンクは、2017年のF1カレンダーに復帰することを今も諦めていない。

 昨年、同サーキットで開催される予定だったドイツGPは、財政難とサーキットオーナーの変更により1960年以来の中止に追い込まれた。

 今年はホッケンハイムとの交互開催契約により7月末にシーズン第12戦として開催されるが、F1のボス、バーニー・エクレストンは2017年にニュルブルクリンクが再びグランプリを開催するのか、ホッケンハイムが今後契約を更新するかは定かでないとその将来を確約していない。

「彼ら(ニュルブルクリンクのオーナー)が契約書を送ってさえくれれば、サインするつもりでペンを手に持って待機している」と、エクレストンはクリスマス前に語っている。
「ニュルブルクリンクの新しいオーナーが契約に応じることを期待していたが、それは実現していない」

「ホッケンハイムが残れるどうか分からない。彼らとは非常にいい契約を結んでいるが、今後はそうはいかない。彼らは他のヨーロッパラウンドと同じだけの額を支払うことを受け入れなければならない」

 しかし、ドイツのmotorsport-magazin.comは、新オーナーのカプリコーン社がニュルブルクリンクの利益を上げたと報じている。
「F1についてこれ以上の対応は想像できないが、財政的なリスクはより対処しやすいと思う」
「サーキットの国際的な比較では非常に高い利用率で、2016年も同様だ」
「これはニュルブルクリンクに大きく依存する我々のパートナーやクライアント、アイフェルの地域にとって力強いサインと言えるだろう」

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ